ゼミ & 授業」カテゴリーアーカイブ

情報リテラシーは「わくわくリテラシー」だ!

このエントリーは、「「子供/保護者/学校」×「情報リテラシー」 Advent Calendar 2017」の12/15分です。


はるかうん十年前、私は「映像、特に子ども向けの番組」に興味を持っていて、放送・視聴覚教育を専門としているMゼミに入ることになりました。大学院(修士)を含む4年間は、小学校の授業の中で、教科書、黒板、OHP(透明なシートに文字や絵をかき、下から光で拡大投影するもの)など既存のメディアの中に、放送・視聴覚をどのように位置づけるか、ということを、さまざまな学校、学年、教科で取り組んできました。

修士論文のフィールドとなった小学校は金沢市内にあり、小学校の授業と自分の授業のために一日に「大阪ー金沢」を2往復したり、当時の教授の自宅が金沢にあったので泊めていただいたり、当時の院生さんとちょっと急いで北陸自動車道を走っていたら、尼御前のSAの手前で…………(以下自粛)

M先生から一貫して指導していただいたことの1つは「文字と映像との違い、映像ならではということは何なのか、ということを考えること」でした。リテラシーとはそもそも文字の読み書き能力のことであり、これを映像に置き換えただけではない、なにか新しいリテラシーというのがあるにちがいない、そんなことを「わくわく」思いながら、卒業論文、修士論文を書いたことを覚えています。それが今でいう「メディア・リテラシー」なのでしょう。

当時はなかなか難しかった「映像での情報発信」「今と昔の映像の比較」「いろいろな国やいろいろな文化の映像の比較」なども、今となっては比較的簡便にできるようになり、もやもやと考えていたことがやっぱりそうだったか!と思うこともあり、そうでなかったこともあり………

↑こちらは13年前!に書いた、高校「情報」の副読本(実教出版)。
わくわくしながら書いたことを今でも覚えています^^
アマゾンのリンクはこちらです!

 

さて、今、当方が大学教員になり、思うことの1つは…「『情報』、楽しい?わくわくしてる?」

残念ながら、最近、『情報』を楽しんでいる学生が減ってきているような気がします。それはもしかすると『情報』だけではなく、すべてにおいてなのかもしれませんが、「やらないといけないから」「課題だから」という思いが前面に出てしまっているように思います。

「情報リテラシー」=「コンピュータの活用」=「文書作成、表計算、プレゼン資料の作成」=「情報処理演習の時間」というような考えも少なからず広まっているのも一因なのでしょう。確かに、いわゆるアプリケーションを利用し、今までできなかったことができるようになる、例えば、手計算していたものを一気にできるようになる喜びなどは授業の中でもみることはあります。しかし、「情報リテラシーは教えなくていい」などの狭い文脈で使われているのも確かです………。

でも、もっと何か「わー!」「すげー!」「ほかにもなんかできることないかな?」「ちょっといろいろやってみよう!」というわくわく感を感じさせたい。みんなのバトルフィールドは、目の前の課題だけじゃないよ?ドラゴンクエスト風に言えば、もっと他人の家のツボを壊して、タンスを開けていこうよ、的な…(笑)

確かに、技術はあっという間に進み、それに関する情報も広まるのが早く、何か新しいことを見つけたり、(少なくとも身近に)誰も考えていないようなことを考える時間がなくなったりしていることも事実です。また、(少なくとも弊学の)学生の(多く)は、さまざまな授業の課題に追われているのも事実です。(課題を無くせばいいのでは…という議論については、ここではあえて触れません。それは文部科学省の示す「単位」という考え方が………)

かくいう当方も、自分自身が「わくわく」するために、日々新しいことを得ようとしています。こんなことできれば楽しい!こんなことできれば、困りごとが解決するかもしれない!昔は、それが「映像」だったのですが、それが「情報」に変わっただけ。そして、「情報」だからできることは何なのか?そんなことを日々考えています。そういう意味ではうん十年まえのM先生の教えが今もマインドとして残っています。

今の私が「情報」の世界の中で、どう「わくわく」しているのかは、下記リンクをご覧ください。
卒業したから見えてくるもの~卒業生らと奈良養護学校訪問
子どもたちの発想、アイディア、創造性を発揮させるプログラミング教育~Ozobotで親子プログラミングイベント~

そして、この「わくわく」をどのように次世代に繋げていくのか、当方の「わくわく」を日々の授業の中に盛り込み、そして「わくわく」しながら、学校現場と頑張っている姿を見せていくしかないのでしょう^^

第10回ゼミ旅行:現役生と卒業生をつなぐ、橋と子午線の町、明石。 #kiorlab

今年のゼミ旅行は、なんと「明石」
ゼミ旅行は、1期生から10年続けていますが、最西端ですね~。今までの最北は滋賀県長浜、最東は愛知県名古屋、最南は兵庫県神戸でしょうか…。

最近よく通るようになった明石海峡大橋の「下」をみるのは、初めてかもしれません!快晴の空のもと、橋から海を見たり、海を見ながら、超豪華イタリアンを食べたり、そして、やはりゼミ旅行といえば、社会教育施設の見学

今年は、日本の標準時を決める子午線上にある「明石市立天文科学館」
プラネタリウムも皆で見ました…よ…ね…(笑)
そういえば、先輩が「今年も」「プラネタリウムどこまで覚えてる?」クイズをしていたようなw

さて、ゼミ旅行中はいろいろな集合写真を撮影するのですが、特に気に入っているのはこの1枚。私の右横は、ここ明石で教員をしているM先生(2期生)。ここにいるのは10期生なので8年上!ですね!

ゼミ旅行で明石に来ている、とLINEで送ったら、仕事と仕事の合間に駆けつけてくれました!ちょっと話して、写真撮って僅か5分。そのために来てくれました。本当にありがとう。

ゼミ旅行といえば、恒例「思い出の品」づくり。こちらも毎年、いろいろなものを作って、学年として残しています。お皿に絵付け、ろうそくの絵付け、ハンカチなどの西陣染め…。今年はなんと、「陶芸」に挑戦!エプロン持参で手び練りをして、だいぶん先生に手直ししていただいて…

おおものにチャレンジする学生、細かな細工にこだわる学生、ゼミ生たちの新たな1面を見ることができました。焼き上がりは1月とのこと。楽しみに待ちましょう~♪

さて、今年「も」つつがなくゼミ旅行が終わりました。いや、あ、しいて言うなら、私が明石駅の階段を踏み外したぐらいでしょうか… > <「帰るまでがゼミ旅行」それを実感する今日この頃です。

学園祭で、謎解きゲームをゼミ出展 #kiorlab

今年の学園祭は、久々にゼミ出展をしました。前回は2013年(5期生が4年生の時)なので、4年前ですね。以前も卒業研究のためでした。AR、音ゲー、インターネットラジオとそれぞれコンテンツを自作し、学園祭で披露し、アンケートなどでデータを得ました。

さて、今年は「謎解きゲーム」。昨年のゼミ旅行で、「脱出ゲーム」を体験したのですが、その時に一緒に参加した卒業生ともどもそそのかして、いや提案して今に至ります。

設定も問題ももちろんオリジナル。弊学の学園祭は、地域の子どもさんも来られるので、問題の設定どころも、落としどころも難しく…。ゼミ内でだいぶん試行錯誤したみたいです。また、本人学園祭直前の9月は教育実習だったので、かなり準備が大変だったと思います。

…というわけで、ようやく当日。あいにくの雨でしたが、初日はほぼ満員御礼。2日目は警報発令により、午後から中止となってしまいました…(泣)とはいえ、参加者の皆さんの協力する姿、悩んでわかった時の笑顔は、年齢を超えて、共通でした。

「主体的・対話的で深い学び」が、次期学習指導要領で重視されます。毎回、このような授業の準備ができるわけではありませんが、謎解きゲームに魅了される理由、それが学習にどのように結び付けられるのか、そこまでかければいい論文になるよー。がんばれー!

なお、問題については、論文審査がすべて終了した2月中旬ごろ、またこのブログで掲載させていただきます。みなさん、チャレンジしてくださいね!

参照リンク:「リアル脱出ゲーム、絵皿絵付け、刀剣ワークショップ in ゼミ旅行!」

大塚国際美術館で、ムンクの「叫び」を触る!

かの有名なムンクの「叫び」
オリジナルも、ノルウェーに行ったときに、オスロー美術館で見たことがあります。

ただ、この「叫び」、よく見ると…!
触ることができるのです!

ここは徳島県鳴門市にある「大塚国際美術館」
約束の時間まで少し間があるので、お邪魔してみました。
陶板のレプリカがたくさん展示されているのは知っていたのですが、お邪魔するのは初めて。

「ふーん、レプリカなのか…」と思ったら大間違い。

「レプリカ」だからこそ、触れるのです!!「レプリカ」だからこそ写真に撮れるのです!
絵の上に、描かれている形に応じてコーティングがされているので、視覚に支援が必要な方も、どんな絵なのか形だけでもわかる仕組みになっていました。

  

また、原寸大、というのもいいですね。実は、オスロー美術館に行くまで、なんとなく「叫び」はもっと大きい作品だと思っていて、実際に見た感想は「え?これ?ちっさ!」でした…苦笑。

大きくても小さくとも関係はないのですが、教科書の写真でしか見たことのないものというものに対して、やはり「実際に見る」ことによって得たものは多く、また今回「実際に触れた」というのは、素敵な夏の体験でした。

今回、あまり時間がなく、すべてをゆっくり見て回れなかったのですが、(コスプレイベントをしていて、一人コスプレはしたのですが…笑)、またゆっくり、それもゼミ生と来てみたいところの1つです。

鳴門まで高速バス移動、お昼はTHE NARUTO BASE鳴門教育大学さんはじめ、徳島県にある大学さんとの合同ゼミとか企画してみようかな…^^)/

ゼミ始まって以来、初めての秋の卒業式でした! #kiorlab

弊ゼミはちょうど今年で10周年を迎えますが、初めて「秋の卒業式」が行われました。いろいろありましたが、まずはこうしてけじめをつける、つけられた、ということが大事だと思います。詳細はここでは控えますが、二人とも本当によく頑張りました。そして、がんばった、ということは自分自身の糧になります。自信になります。

いわゆる春の卒業式は終わった後に、ホテルでパーティーなどがあるのですが、秋の卒業式には……ということで、ゼミで開催しました!夏休み中ということで少人数ながら、お寿司を食べて、スイーツ食べて、卒業をお祝いしました☆彡☆彡

12月のゼミ同窓会には「卒業生」としてぜひ来てくださいね!

『ポケット百科 New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本 Windows 10 Creators Update対応』

『ポケット百科 New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本 Windows 10 Creators Update対応』
↑amazonさんへのリンクを貼っています!

橋本和則さん(Microsoft MVP for Windows and Devices for IT)と橋本直美さん(Windows Insider MVP)が執筆された、Surface Proに関する本です。

一言でいえば「学生が、今、一番欲しがっている内容!」です。弊学では、学生一人ひとりにSurfaceを貸与し、4年間使い続けます。ただ、その中で、「あれ?動かない…」「こうしたいんだけど…どうしたら??」と思うことが多々あるようなのです。

学生からもよく質問は受けるのですが、往々にして「ん?調べてごらん?」と言って答えないことが多いです。なぜなら、自分で調べるのも、大学生で身につけるべき能力だと考えているからです。ので、調べる過程で、こういう本を見つけてくれればいいですね!(そっと身近なところに置いておきましょう)

第4章のカスタマイズ、第5章のSurfaceペンの活用、第6章のOneDriveの活用あたりは、使いこなすうえでは必要なところですが、授業ではそこまで言及する時間もありません。よって、カラーイラスト、スクリーンショット満載の説明はありがたく、キャッチコピー通り「ズバッと」わかります^^

また、上記amazonさんのリンクから「なか見!検索」をしていただければわかりますが、目次全体が「○○したい」となっているので、非常に探しやすいです。また、見ているうちに「あ、こんなこともできるんだ!」という気づきがあるのもいいですね!

まずは、情報処理演習担当教員におすすめします。そして、いろいろな大学的な諸事情により、こちらを授業の「教科書」としては指定できないのですが、「参考書」として紹介させていただきます!

「考える」情報の授業を目指して。

 

今年度の情報処理演習も終わりました。クラス編成が変わり、50人強の大所帯ですが、グループで教えあいながら、頑張りました!
毎回、授業後の「大福帳」のようなシートに、その授業に関してこちらから出題したり、意見を書いたりして、提出させ、翌週に「みました」ハンコを押して返していました。そのハンコも律義に15週分(15種類)購入して、私自身も楽しみました^^

さて、「情報処理演習Ⅰ」は、教育学部健康科学部共通のシラバスですので、試験も共通ですが、いくつかはクラスオリジナルの問題も出してよいとのこと。もうすでに成績評価も終わった時期ですので書きますが、情報に関する知識もスキルも大事。でも、その情報に関する知識やスキルをどのように社会で活用し、困っている人の支援をしたり、我々が幸せになったりすることを考えることが大事だと思うのです。じゃないと、知っているだけ、できるだけでは、「情報」(そもそも知らせるの意味)がないと思うのです。

そのためにも、6月にゲスト講師でお話しくださった新谷さん((株)セカンドファクトリー)のお話をヒントに、「情報技術は私たちの生活にどのように関わるのか」という記述問題を出しました。A3両面なのに60分(知識問題20問、記述問題4問がベース)というあわただしいテスト時間の中でしたが、約3か月前の新谷さんのお話を思い出し、飲食や農業から地球環境問題へ発展したり、また、自分でもいろいろ考えたり、他の授業で習ったことも加味されたりしたのでしょう、教育、福祉分野への熱い思いを書き綴った回答もありました。

「情報=難しい、よくわからない」という意識がいつのころからか学生の中にはあり、学部共通の内容である「情報処理演習Ⅰ」でもその意識は変えられていません。もちろん、「情報処理演習Ⅰ」の目標は苦手意識をなくすことではないのでよいのですが…

しかし、目の前にある授業の宿題にアップアップするだけではなく、今、学習していることが、今の世の中の何に、また、将来の誰かのためにつながっていけるのかを考える習慣は身につけることこそが、「情報」の真の意味だと考えます。

後期は9月23日(土)から始まります。後期の「情報処理演習Ⅱ」では、さらに「考える」情報の授業を目指したいと思います!

参照リンク:自ら現場で行うことで、課題解決することを学びました。 #kiorlab

参照リンク:Microsoft Windows Insider MVP 新谷氏を講師に迎えた特別授業!~教育学部西端ゼミ

 

NHK for School × タブレット端末研修 ~主体的・対話的で深い学びの実現のために~

タブレット端末を、NHK for School(学校放送番組、いわゆる教育用テレビジョンのWebサイト)でどのように活用するか、という研修をさせていただきました。

2年生配当の「教育方法・技術論」の授業でも、学校放送番組の歴史やNHK for Schoolの活用などはしていますが、今回は現職の先生方と一緒です。

今回、お声かけいただいた自治体では、すでにタブレット端末は導入、活用されておられますが、今回は特に次期学習指導要領のキーワードでもある「主体的・対話的で深い学び」のなかで、どのように活用していくかがメインテーマです。

いろいろな校種、学年の先生方が集まられるということですので、研修も「主体的」に、ご自身で活用する番組を選んでいただき、グループを作っていただきました^^

学校放送番組と言えば、戦後の教育一新のために導入された教育メディアです。当初は、記録媒体がなかったため、「生放送・番組全部・シリーズ全部」を見ることが中心でした。

しかし、ビデオデッキの普及とともに、録画ができるようになったため、先生が事前に視聴し、自分の授業のどこで、どのような映像を使いたいのか、という授業設計の考え方も産まれてきました。このあたり、授業のポイントでもあります。

NHK for Schoolでは、指導案や教材が提供されているため、授業での活用をイメージしやすくなっています。このあたり、学生も活用しているようですね^^

そして、デジタル化されたことにより、番組の横断検索ができるようになったのも非常に有用です。たとえば、「金魚」で検索すると、理科番組はもちろんのこと、金魚の養殖で有名な奈良県大和郡山市の社会科の番組も検索されます。

タブレット端末での活用は、上記に加え、タブレット端末のアプリも利用することにより、情報検索、グループワーク、情報発信が簡単にできるようになりました!という内容でした。というようなことを、講義形式ではなく、先生方自身が体験しながら学んでいただくスタイルとさせていただきました。

今回お邪魔したところの「花」はひまわりだそうで、打ち合わせの時にいただいたケーキセットです。ふと気になって調べたら、ひまわりを市町村の花に指定しているのは全国で44箇所もありました!

手と手をとりあい、お菓子を食べよう。~卒業論文どうしようシリーズ(3)~ #kiorlab


前期のゼミも今日で最終。
前期最終のゼミでは、3年生が主催して「お楽しみ会」が行われます。

今、4年生は就職活動や教員採用試験の勉強にと追われていて、なかなかゼミにも顔を出せないですが、今日は全員集合とあいなりました!

毎年、人狼、カードゲーム、トランプ、ビンゴなど趣向が凝らされているのですが、今年はコミュニケーションゲームが中心となりました。各学年一緒になって、手を取り合い、立ったり座ったり、笑ったり、飛んだり!?

ちなみにこの写真のゲームは10人ぐらいでまずはいろいろ手をつなぎ、ほどきながら一つの大きな輪になったら勝ち!というものでした^^

さて、お楽しみ会後半は、「GLICODE®(グリコード)」体験。自然と上級生と下級生がペアになり、楽しんでいます。

もちろん、身体を動かした後ですから、おなかもグーグー(笑)。プログラミングも早かったですが、いただくのも早かったです。

そんなこんなしながら、
後輩「就活、大変です…よね…」
先輩「まーねー、お金貯めときね。。。」

後輩「卒論のテーマってどうやって決めたんですか?」
先輩「自分の好きなことからかんがえてみたら?あとはみんなや先生と相談していくうちに形になるって」
…という会話も聞こえてきます。

ゼミにはいろいろなスタイルがありますが、あえて弊ゼミでは「ゼミ長」のような制度は作っていません。みんながみんなで、得意な分野を見つけて、不得意な分野はカバーしあって、伸びていけばいいな、と思っています。

さて、ゼミも10月頭まではお休みです。
3年生は教育実習に、4年生は就職活動や教員採用試験に、正念場の夏です!!

 

奈良養護学校との6年が本になりました。『誰でも使える教材ボックス』発刊!

6年前の夏、畿央大学の公開講座で「電子黒板講習」をしていました。デジタル教科書を触ってもらったり、書き込みしてもらったり…

そんな中、ある先生に終わってから質問いただきました。
「肢体不自由の子どもたち用のデジタル教材ありませんか?」

ソーシャルスキルトレーニング教材や知的障害の子どもたち用のデジタル教材は当時もあったのですが、肢体不自由の子どもたち用のデジタル教材を私は見つけることができませんでした。

「なさそうなので作りましょう!」

そこから奈良養護学校との手探りの教材開発が始まりました。高校「情報」免許取得予定者の学生(当時まだ2年生)に、まずは簡単なコンテンツをFlashで作ってもらい提供したのがその半年後。

犬、サル、馬、ネズミ、パトカー、踏切、ヘリコプターなど、子どもたちが興味を持ちそうそうなものを対象に、2枚の絵と、鳴き声や音を用意し、クリックするごとに入れ替わる、という非常に単純なデジタル教材でした。もちろん、絵も鳴き声も学生の「自画自賛」です!

その後、学生も代替わりし、ドラッグを利用したデジタル教材もできるようになりました。担任の先生、自立活動の先生と話し合いながら、教材を使っている子どもたちの様子をみながら、「こうしましょう」「こんなことできる?」「やってみます!」そんな毎週でした。

文部科学省の補助金もいただき、また、特別支援教育に関わる方々からアドバイスいただきながら、これらの教材をネットワーク状で共有できるようになりました。

それが、TMSN(教材共有ネットワーク)です。プロジェクトの途中で、いろいろありましたが、少しずつ、少しずつ、がんばっています。ご存知の通り、そろそろFlashも終焉を迎えますので、どうしたものか…と考えているのも正直なところです。ご支援いただける方、お声かけいただければ幸いです。

その中で、今回の本の発刊は、一つのマイルストーンになるでしょうか。また、亡き太田先生との約束の1つでもありましたので、本当にほっとしています。もし、お手元にとっていただけるのであれば、こちら(amazon)よりお願いいたします。

さて、そろそろ次を考えないといけない時期にもなって参りました。日々インプットを続けながら、少しでも子どもたちのために、頑張る所存です。