日常生活」カテゴリーアーカイブ

アートの島「直島」に行ってきました!

  かねてより行きたいと思いつつ、なかなかチャンスのなかった「直島」。ふと見たらバスツアーが安かったので、アーティストでもあり友人のKさんを誘ってGO!

早朝難波発、フェリー乗り場まで送っていただきました。フェリーに乗ってからは各自行動。レンタサイクルする人もいましたが、私たちはローカルバスで動くことにしました。

有名なパンフレットでよくみる草間彌生さんの「かぼちゃ」(赤)は、フェリー乗り場を降りたすぐのところに、我々を歓迎するかのようにたたずんでいます。

「家プロジェクト」は、「点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアーティストが作品化」したもので、村を散策しながら、家そのものを楽しみました。

右の写真は「歯医者さん」
よく見ると「うどん屋さん」の看板や、家の中には自由の女神もいらっしゃいます^^

こうしたプロジェクトだけではなく、いわゆる古民家を改装したカフェもありました。マスターと少しお話しし、まずはご本人だけ「通い」でやってみて、なんとか行けそうだと思い、移り住み、今は家族も…とのことでした。

ちょうどベトナムの特別支援学校の支援もされているとのこと。少し関連のお話をして、ベトナムの子どもたちの描いた絵を刷り込んだポシェットを買いました。

こちらは「銭湯」
事前にガイドブックをみて知っていたので、バスタオル持参でやってきたのでした。
中はもちろん撮影禁止なのですが、象さんがいたり、「キッチュ」なタイルで浴槽も埋め尽くされ…
まるで、お風呂の遊園地でした♪

フェリー乗り場からすぐですので、島を出る前にぜひお勧めします!

公式サイトには写真もありますね^^
http://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

 

ここは郵便局の隣の空き地。
誰が作ったのでしょう。漁の網の浮きが、カエルさんになって、掃除をしてくれています。

高名な建築家のアートももちろんよかったのですが、こうした道端にあるアートが、ほっこり、心の隙間にしみわたりました。

 

今回は、ちょうどベネッセハウスミュージアムが閉館中ということもあり(だからバスツアーが安かった!?)、また改めて訪れたいところです。アジア圏の観光客はもちろんのこと、ヨーロッパ圏(おそらくフランス語)の方も多かったです。

個人的にはバスの途中で見かけた「直島小学校」が気になっています。
建築もそうですが、きっとアート資源をもとに、様々な授業が展開されているのかな?

建築ブログに記事が上がっていましたので、ご紹介。
http://archirecords.com/blog-entry-136.html

成績や修士論文の修正指導、様々な年度末処理に追われる日々ではありますが、ほっと一息。
さて、今年度もあと1か月半。頑張ろう!

おしゃれなお店で、おしゃれなSurfaceを…

3泊4日の東京出張。

前日入りし、翌日午前中より前原小学校のプログラミング授業見学。
午後は、品川某所でWindowsアプリの打ち合わせと夜はMVPの皆様と一献。

3日目は、終日某所で会議のため缶詰。夜は、こんなおしゃれな店で、おしゃれなSurfaceをどやって…(笑)いや、ちゃんとまじめに打ち合わせをしました。

最終日は、朝からセキュリティ関連企業を見学させていただき、同社屋上の足湯でつかの間まったりした後は、奈良に戻って、午後には大学院ゼミ、夕方にはさ来週に迫ったスポーツ実習オリエンテーション、そして夜は〆のラーメン(笑

年度の終わりに向けて、授業がなくなったからこそできるInputの時期となりました。
体に気をつけて頑張ります!!

→ちなみにここは、ラーメン激戦区の1つである奈良の「老舗」ラーメン屋さん。なんとスーパーの駐車場の一角に屋台で出されています。もちろんふきっさらしですから、寒いのなんのって。だからこそ暖かいラーメンが美味しいんですよね~♪

2017年の目標を立てました!

IMG_86832017年が始まっていました。家族で初詣に行ったり、映画に行ったり、とそれなりにまったりとした年末年始を過ごしたものの、修士論文2本、卒業論文9本の締め切りを控え、SkypeやらLINEやらメールやら、切羽詰まった学生からは電話があったり、と、同業者の皆さまもそうでしょうが落ち着かない年始でした…。

ちなみに昨年の目標を見返すと

  1. 特別支援×ICTを論文と書籍にする。
  2. Surface×(初等中等教育+教員養成)を論文にする。
  3. 開発言語を習得する。
  4. 英語でのコミュニケーションを円滑にできるようにする。
  5. 健康のために運動を続ける。

という感じでした。

1)の論文はまだできていませんが、書籍はもう目の前です^^
2)は、昨年度末ギリギリでしたが、情報文化学会第23巻第2号に掲載していただきました。
3)は、残念ながら手付かず… > <
4)は、何とか11月上旬のGlobal Summitで、いろいろな国の方とお話しできたぐらいです。
5)は、今年も何とかマスターズの試合でメダルが取れたのはうれしい限り。

今年は、

  1. 特別支援×ICTを、論文にする。
  2. 開発言語を習得する。
  3. 英語で議論できるようにする。
  4. 健康のために運動を続ける
  5. コミュニティ活動を活発にする

を目標にしたいと思います。
また、頂戴している科研研究も最後の1年です。きちんとまとめ、次の研究につなげたいと思います。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

fullsizerender-5

今年もお世話になりました。今年取り組んだことといえば…

1)コミュニティをふたつ立ち上げました
1つは「ITな女子会」
…ITをキーワードに大阪近辺の女子でゆるーく、ふんわり集まる会です。
5月と11月にイベントを行いました。
もう一つは「Windowsアプリ×教育」
…教育に使えそうなWindowsアプリをみんなで探す会です。
こちらは12月にイベントを行いました。
どちらもたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

2)Microsoft関係のイベントにいろいろ参加しました
11月にMicrosoft本社のあるアメリカ・シアトルで開催されるGlobal Summitに初参加しました。
英語で技術的な話ができるのか、そして後期は休日のほとんどないスケジュールの中、授業を休み、参加しました。
MVPの先輩方に助けていただきながら、楽しく過ごすことができました。
アメリカはもちろんのこと、様々な国の方とお話できたのも自信になりました。
写真はSummit中にとった、アメリカの空です。
そのほか、コミュニティやファンイベントなどたくさん出かけ、多くの知り合いもできました。

3)人と人とをつなぎました
「顔が広い」と言われることも多いのですが、上記も含めいろいろなところに顔を出しているからかもしれません。
学会のイベント企画をしたり、その中で人を紹介したり、また若手に世代交代したり…。
また、自分では「技術」と「教育」の間をいったりきたりしていると思っています。
そんな中でお役に立てそうなところで立ち止まったり、立ち寄ったりしてきました。

 

そして、今年は、忘れてはならない、悲しいこともありました。
彼や彼のご家族の気持ちを、これからの学生たちに伝えていくのが、私たちの責務です。

さて、今年もあと1時間を切りました。
こうして好きなことをしながら生きていけていることに感謝しながら、自分がすべきことを、自分に残された時間でできるよう、がんばっていきたいと思います。

皆様、よいお年をお迎えください。
そして、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

「6次産業」の現場を…鳴門のおいしいもの、いただきました!!

fullsizerender-4  img_8499

8月に「海の家」にもお邪魔しましたが、大関社長、そして旧Surface MVP、今はWindows and Devices for ITでお世話になっている新谷さんらが手がける6次産業の「THE NARUTO BASE」
ようやく冬休みになったので、ドライブもかねてお邪魔してきました!

私たちは、生産・加工・消費に携わる人がクラウドソーシングしながら新しい食のスタイルを作り上げていくことを目的としています。
販路や販売の拡大はもちろん、経験豊富なプロデュースチームと生産・加工・消費の方々との共創による商品開発や食材加工をご支援いたします。

というNARUTO BASEさんのレストラン「FARM TO TABLE」の限定10食の野菜たっぷりランチがこちら!
野菜はさっきまで土の中にいたかのようにシャキシャキ。鳴門金時のチップスは、かりっかり。
そして、海の家でもいただいた「極鳥」から揚げはジュ~シ~♪
イチゴの自家製ジェラートは、まるでイチゴそのものをいただいているようで、幸せでした^^
img_8506 img_8509

欲を言えば今度は「お米」を食べたいので、また行きます!
ハンバーグもパスタもいろいろ気になるものがたくさんありすぎて!

4月から鳴門教育大学大学院に進学予定の学生に、少し話をしたところ興味を持ったようで、勉学はもちろんですが、こういうところでも研鑽を積んでくれたらな…と思う次第です。

img_8521来るときは、淡路島を縦断してきたのですが、帰りは徳島→和歌山間をフェリーで移動しました。
最近の船はwifiが飛んでいたり、電源付きのブースがあったりで、あちこち探検したり、みかんを食べながらゴロゴロしている間についてしまいました^^
車の運転は嫌いではありませんが、たまにはこうしてゆっくり移動するのも良いものですね。

受付にいたペッパー君で、会員登録。「会員カード」がなくなるのはうれしいものです。今、札はもちろんのこと、小銭よりカードのほうが財布にはいっていそうです…(笑)

今度は関西在住のMVPでどーんと行きたいですね!

 

学園祭でもSurface!

img_7517  img_7371

10月22日(土)、23日(日)は学園祭でした。
ホールや屋外ステージでは、バンド、チア、ダンスがパフォーマンスを披露し、また、芸術系のサークルは日ごろの成果を展示しています。
日曜日は吉本興業から芸人さんも来てくださり、盛り上がります^^
もちろん模擬店もたくさんあります!

詳しくは、大学公式サイト「第14回畿央祭・ウェルカムキャンパスを開催しました!」をご覧ください^^

写真は、当方が担任をしている教育学部1年生5組の「たこせん」
大阪のソウルフード「たこせん」は、たこ焼きをたこせんではさみ、ソースやマヨネーズをかけたものです!
作っている様子はこんな感じ^^
20161023
実は、この2日で4つ食べたのですが、アツアツをいただくので写真撮りそびれました~。

こんな学園祭の日にでも持ってきているのがSurface!
さすがに、オーダーシステムとまではいきませんが、ちょっとした計算などに使っていたようです^^
ぜひ、将来的には、クーポンの配信、来店ポイント、売り上げ管理、会計処理までできるシステムを開発してほしいですね~。

学園祭は、卒業生が戻ってきてくれる日でもあります。
弊ゼミも、1期生と3期生のご夫婦がお子様をお二人連れてこられたり、東京・名古屋・岡山などからも現役生への差し入れ持参で駆けつけてくれたりで、うれしい限りです。
こうして縦のつながりができていくのも、大学のゼミの役割かな、と思います。
それぞれが、アンテナを広げ、視野を広く持ち、好奇心旺盛な、そして困ったときには相談しあえる、そんな仲間になることを、差し入れのお菓子の山を見ながら、強く願っています。

Oculus Rift体験~NECショールーム in OBP文化祭

img_7144  201610062
ここ1週間で二度目のOBP(大阪ビジネスパーク)。今日は「文化祭」とのことで、代休を使って遊びに来ました☆彡

お目当ての1つはこちら。「NEC関西ショールーム」さんの見学。
ARを使った観光案内の事例、奥行きセンサーを使った空間ディスプレイなどがあり、興味津々。
特に空間ディスプレイは、肢体不自由の子どもたちに使えないかな?とか………

写真右は、「Oculus Rift」(VR用ヘッドマウントディスプレイ・仮想現実を体験できる、頭からかぶるディスプレイ)で体験できる工場出荷作業訓練の様子です。目の前の部材はもちろんのこと、隣を見ると、ちゃんと隣の人も作業をしていました(笑)
また、部材を落とすと、ちゃんと床に落ちるのもさすがVRです!
2年前に、Windows女子部の夏祭りでスキーを体験させていただいて以来でした。
(撮影・ネット上げの許可はいただいています)

機械学習を超えた「異種混合学習」コーナーでは、前職のネットワーク管理者時代に大変お世話になった、NECフィールディングさんの補修部品の在庫管理のお話を伺えたのは、懐かしかったです。

 

img_7150 20161006 

さて、外に出るとちょうどお昼時。(もちろん狙っていましたが…笑)
カレー、クレープ、タピオカドリンクなど様々なキッチンカーがでていましたが、その中から「タコス」をチョイス。屋外のベンチに座りながら、フルスーツでかぶりつきました^^

そういえば、学生時代、OBPにあるパナソニックさんでアルバイトしていたことや、富士通さんでハイパーメディアパソコン「FM-TOWNS」をワクワクしながら見せてもらったことを思い出し………。

あべのハルカス展望台にて、夜景撮影に挑戦!

DSC_0140-2

ハルカス大学で行われた「夜景撮影セミナー」に初参加しました。実は一眼レフカメラも、レンズ(2本)も持っているのですが、それほど活用できていませんでした…。

最初は講義。
どんな天候が取りやすいのか、レンズの数字の意味と効能。
実際に講師の岩崎先生が撮られたものを比較して出してくださるので、とても納得!
写真を見ていると、自分も撮れる気がしてくるので、不思議です^^

その後、実際に、ハルカス展望台での撮影会。
専用のスペースがあり、遠慮せずに陣取れたのはありがたかったです。

見慣れた大阪の景色が、レンズを通してみると、また別のものに見せてくるから不思議です。
時間もちょうど日が沈むころ。ありきたりではありますが、「宝石箱」のようにキラキラする夜景を切り取ろうと頑張ってみました^^

映り込みってむずかしいですね… > <
岩崎先生から専用の機材をお借りしたり、急きょ家から持参した冬物のジャケットをかぶったりして、頑張ってみました。

「せんせー」と、呼ばれることは多くとも自分が呼ぶことはあまりないので、少し照れました(苦笑)
しかし、岩崎先生は困ったらすぐ、またなぜそうなってしまったのかも教えていただけて、とても分かりやすく、次からは自分で工夫することができました。

DSC_0151-2

 

これからはもう少し一眼レフとお出かけして、スキルを磨きたいな~と思いました。
なお、写真は帰宅後、MSのフォトアプリで少々補正しています。
こういうときこそ、Surfaceワークショップで使った「Lightroom」だったかもしれませんね^^

関連記事:「Surfaceクリエイティブワークショップに参加しました☆ #surfaceアンバサダー」

TEDxKOBEに参加しました! #TEDxKOBE2016

IMG_5758 IMG_5753

卒業生から教えてもらって数年。以前より行きたいと思っていた「TEDx」イベントに参加することができました!(もちろん参加者)
昨年の卒業論文にも「プレゼンテーション」をテーマにしたものがあったり、当方自身もさまざまなプレゼンテーションをすることがありますので、かなり楽しみにしていました^^

「TEDx(地名や大学名など)」とは「TED」にライセンスを申請して許可をいただいて行うイベントのことだそうで、今回は「TEDxKOBE」に参加しました。
なお、「イベントリスト」を見ると、これから開催される「TEDx」イベントがわかります。2016年だけで、国内で22のTEDxが開催されるようですね~。

さて、今回は11組のSpeakerからのプレゼンテーション。とはいえ、トークだけではなく、音楽だったり、サンドアートだったり。
トークのアイディアも多岐にわたるものでした。
・海外で起業し、その国の「持続可能な漁業」に一役買っていたお話
・障がいのある人たちとの即興の音楽ができあがったお話
・「弱み」を開示することで、人とのつながりが強くなるお話
・世界の郷土料理を食べることで、世界の様々な問題を知る機会ができたお話
・津波で流された街の模型を作り、その街でのワークショップをされたお話
・ウェアラブルコンピュータのお話
・サルの文化継承のお話
・新しいエレベータが建物そのもののデザインを変えることができるというエレベータエバンジェリスト(!)の方のお話
・「おもしろい」とは何かを追求し、TEDのプレゼンテーションの方法そのものをも…(以下は、動画をお楽しみに)

当方の専門分野や興味・関心を持った分野もあり、初めて伺う話もあり、一日があっという間でした。
「Ideas Worth Spreading」の名の通り、「じゃ、次、どうしよう?」「私ならこうしたい!」
というお話がたくさんありました。

たとえば、
・障がいのある人たちとの即興の音楽は、お世話になっている特別支援学校でもされているので、この「音楽会」そのものをどうしたら広められるのか、をさらに考えないといけないな~♪
・世界の郷土料理は食材の都合で私たちにはそうそうできないけれども、日本の郷土料理なら何とか…。奈良ならジビエも!
などなど…。

また、子どもたちも一緒に見ることができるKIDSスペースや、付箋でトークに対するフィードバックができるスペースもありました。

IMG_5747    IMG_5751
 

パートナーさんと呼ばれる地元を中心とした企業さんからは、製品を試したり、いただいたりするコーナーがたくさんあり、コーヒーを中心とする飲料メーカーさん、チーズのメーカーさん、アイスクリーム屋さんなどがいらっしゃっていました^^
また、カンファレンス会場にもビーズソファーもあって、包み込まれながら聞くこともできました~。

お昼ご飯は、TEDらしく、6人そろわないと食べられない仕組みでしたので、3人ご家族とあとお二方に混ざっていただきました。この仕組み、大学でも一度やってみたいですね☆

アフターパーティーには「灘の日本酒」!(升はお持ちかえりOKでした!)

IMG_5771

 

さて、まず神戸という土地柄なのか「English」というシールが貼られた方が5分の1ぐらいはおられたような気がします。それは、(外観で判断するしかないのですが)外国の方も多いですが、日本人と思われる方も多数いました(含む当方)。
また、「HOPE」という若者枠で、無料招待された中学生高校生のミニトークがあったのも、よかったですね☆

そして、当日ボランティアに1人、そしておなじく参加者に1人、知人がいたのも、改めて興味・関心が同じ方向性だと知ることができて、なんだかとてもうれしかったです。
そうして、やはり、地元(奈良)でTEDを開催したい、という気持ちが沸々と…^^)/

奈良にどのような「広めるべきアイディア」があるのか。
奈良でどのような方や企業さんが同じ気持ちを持ってくださるのか。
もちろん、弊学(含む施設、教職員、学生)はどのように関われるのか。

やるべきことはたくさんありますが、この過程そのものがやはり大切だと思うのです。
当方自身も奈良に勤めてまだ10年足らず。奈良に生まれ育った学生の方が「大先輩」です(笑)

TEDのコンセプト通り、さまざまなアイディアを受け取り、今、まさにアイディアが膨らみつつあるところです。
そして、そのアイディアを他の方に広めていく。
これは、まさに広義の「教えること、学ぶこと」に通じるものだなぁと。
また、先月参加した「de:code」でも、内容は違えども、手法は同じ。

自分の興味・関心を改めて認識した「TEDxKOBE」でした。
関係者の皆様、素敵な時間をありがとうございました!

新入生207人と宿泊研修 in 白浜!

IMG_4817    IMG_4834
IMG_4821    IMG_4852   

今年度は、1年生の担任となりました。担当する学生は学校教育コースの5組(20人)です。
207人の学生を10人の教員で担任し、当方はそのまとめ役も仰せつかりました。
いわゆる「学年主任」ですね^^

さて、1年生の担任は、もれなく、新入生と一緒に「宿泊研修」です!
入学式の翌々日(4月6日~7日)の1泊2日。
バス6台で、大学から3時間ほどの南紀白浜にお邪魔しました!
ここ数年は、「ホテルラフォーレ南紀白浜」さんを全館お借りしております。

全体的な進行は宿泊研修担当の先生が早くからご準備されていましたが、学生のバス割り、部屋割りなど、細々したことは学年主任のお仕事です!

千畳敷、三段壁など白浜特有の地形を散策した後は、ホテルで、入学の決意を作文にしたため、夜はグループワークなどを行いました。

翌日は、晴れでしたら、白良浜で「砂の造形」となったのですが、あいにくの風雨…。
アリーナでの「段ボールでの造形」となりました。
これはこれで、砂と違ってより「三次元」を表現でき、ユニークな作品がたくさん出来上がりました。

1年生の学年主任はこれで2度目なのですが、前回は「予想外の風」で、「砂の造形」を断念。
今まで、「雨女」だと思っていたのですが、どうやら「風女」のようです…苦笑

そんななか、2年生、3年生の学生スタッフも、点呼、先導、準備や片付けなどよく動いてくれました。
最初は緊張していた1年生も、帰る頃には仲良くなっていたようです^^

宿泊研修の詳細は「平成28年度 新入生宿泊研修レポートvol.5~現代教育学科、教員レポート」をご覧ください。