月別アーカイブ: 2014年4月

Office365のおかげで、どこでも、気軽に!

IMG_5581      IMG_5602

今までも食堂には無線LANがあり、学生は自由に使えていました。でも、自前のノートパソコンやタブレットを持ってくる学生は少なく、かといって、大学で貸出しているノートパソコンを持ってきてまで…というのはよっぽど切羽詰まっている学生のみだったように思います。

なぜなら、汎用的なソフトウェアしか入っておらず、学生が今までデータを蓄積していた「ホームディレクトリ」にはアクセスできず、それで作成したデータはUSBなどで保存するしかなく、「あ!USBない!」という時も現実にはあるわけで…

「課題しなきゃ」「パソコンルーム空いてるかな?」「空いてないからノートパソコン借りなきゃ…」などのようなハードルがあれば、やっぱり…ね

Surfaceを持っているからというだけではなく、Office365というクラウドサービスもセットだからこそ、「いつでもどこでも気軽に、それもちょっとした空き時間に課題をする」ことが可能になりました ^^

 

 

奈良で開催される国際会議の実行委員になりました。

FullSizeRender2

奈良の新公会堂で開催される「International Conference in Computer Education」(ICCE)の実行委員になり、今日は下見。

近鉄奈良駅から、新公会堂に向かう途中にある奈良公園には、このように鹿たちがお出迎え ^^
観光客慣れしていますし、シカせんべいを買おうとしたら、それはそれは大変なことに。
また、下を向いて歩かないと大変なことに…orz

どう大変かはぜひ奈良に足を運んで体験してください。
また、奈良の鹿は、横断歩道を渡るときに、ちゃんと頭下げるんですよー ^^

情報処理演習(3回目)…少しずつ顔があがってきた?

IMG_5629情報処理演習3回目。
こちらも顔と名前を覚えたいので、座席は指定席にしています。
学生も慣れてきたのか、少しずつ顔があがってきました。
また、学生同士もすこしずつ教えたり教わったり、ということも見かけるようになり、顔が上がってきたように思います^^

健康科学部と教育学部で1年生は500人。
うち、教育学部は200人を6クラスに分け、情報処理演習は3人で担当しています。

授業資料は主担当のF先生が作成し、授業の数日前に配付されます。原則としてその資料を中心に授業を行いますが、担当としての「味付け」もしています。

わたくしなりの味付けとしては、まず、タイピング。
え?タイピングなんて…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いまどきの学生、フリック入力はできても、タイピングは………
レポートを書くにも、将来社会人になって報告書を書くにも、少なくともここ数年の入力はキーボードでしょう。

というわけで、今年も授業初めの5分は必ずやっているタイピング練習。
学校現場でよくつかわれている「美佳タイプ」をはじめ、「寿司打」 「皿打」などを紹介しています。あとは、アニメのセリフがでてくるのもネタがてらに(笑)

学生も、成果が目に見えて出るので、毎週5分ですけれども、チャレンジしているようです。私自身は大学3年生のミニ卒でタイピングを覚えました。今でも調子が良ければ、300字/分ぐらいです。まだまだ、学生には負けませんとも!

iPadをもって、奈良県五条市内の小学校へ!

FullSizeRenderICT活用したい!でも、モノがない!でも、なんかしたい!

そんな声をよく聞きます。
今回は、お世話になっているN先生からの紹介ということで、奈良県五条市内の小学校にiPadを持って、教員研修させていただきました。

11月に奈良県の公開授業研究会を控え、それまでに数回おじゃまして、研修することになりました。1学年1クラスの小規模校。そこで、すべての先生方がICTを活用した授業を公開されるとのこと。
校長先生はじめ、先生方の「心意気」に深く感銘し、今後のスケジュールもたて、秋に向けて、一緒に頑張りましょう!!

また、五条市内には素敵なカフェもたくさん。
今回、そんなカフェの一つで時間調整がてら、ランチをしながら、知り合いをチャットをしていたら、今後2年間は関わる、将来性のある、素敵な話にまとまりました。こういう時間も大切ですね… ^^

どんなカフェか気になる方に…
IMG_5606

 

Tuning Maniaxに挑戦!!

IMG_5592Tuning Maniax は「指定されたクラウド環境とオープンソース・ソフトウェア(OSS)を使って、どれだけパフォーマンスを出せるか”をテーマにしたコンテスト」です。
Tuning ManiaxのFBページはこちら

AZUREを使う、ということで、チャレンジ!!

いや、でも、正直、なかなか一人では… > <
そこで、ちょうど東京への出張もあったので、セミナーに参加しました。

ここには過去の大会の優勝者のみなさんが講師をつとめてくださっていて、エンジニア集団の皆さま方と名刺交換もさせていただきました。そして、何より!IT女子としてはあこがれのクラウディアさんともお話しできて、夢のよう~ ^^
記念撮影もしていただきました。

しかし、Webサイトを立ち上げるには、Webサーバを立ち上げるか、レンタルサーバするしかなかったのに、簡単に立ち上げられるんだなぁ~。というのが第一印象。
また、自前のサーバではセキュリティの心配をしなくてはいけないですし、レンタルサーバはできることが限られているし…
その点、AZUREなら、なんでもできそう!(少なくとも、私がしたいこと程度なら…)

…というわけで、アップアップしながらも頑張ってみます!
また、今回、セミナーに参加して、エンジニアの皆さまの説明のうまさと、資料の簡潔さに改めて感心しました。
見習わなくてはです!


もちろん、この記事は回顧録として書いていますので、このTuning Maniaxで覚えた、AZURE+WPで書いています!

情報処理演習(2回目)…課題が出るのは当たり前なのです!

IMG_55772回目の情報処理演習の授業。

大学の授業は90分ですが、実は「単位」として認められるためには120分必要で、残りの30分分は「自学自習」となっています。
よって、「課題」が出るのは当たり前なのです!

といっても、やっぱり大変ですよね(気持ちはわかります…)。
しかし、今年度から貸与されたSurfaceなら、どこででも課題ができます。
今までは、「コンピュータルーム」が結構授業で埋まっていて、課題をするための環境がなかなか整っていなかったのも事実。家にPCがない学生もいますので…

でも、今年から「大手を振って」課題を出すことができます!
いや、でも、30分で済むかというと………

 

ゼミが始まりました!まずは歓迎会!

IMG_55722014年度のゼミが始まります。
今年度は、3年生10人、4年生10人、そして今年度から開設された教育学研究科の修士1年1人の21人の大所帯!

まずは恒例4年生が3年生の歓迎会。
大学近くの公園で、顔合わせ。名札を用意するのは昨年からの引き継ぎ。
よく見ると、twitterのアカウントも書いています!

しかし、今年はいい天気ですね~^^

学内の、いろいろなところでSurface ^^

IMG_5532      IMG_5571
学生は適応能力がありますね ^^
ふと気がつけば、授業以外にも、廊下、学食、いろいろなところで見かけるようになりました。

ここのところ、見かけたら、声をかけて、写真撮影をあちこちでやっています!
もちろん、ここにあげる写真は撮影前に、撮影はもちろん、ネットアップの許可ももらっています!

 

初めてのSurface × 「情報処理演習Ⅰ」+情報プレイスメントテスト

IMG_5523

新入生は、オリエンテーション、宿泊研修が終わり、今日から授業です!
ちゃんと、全員Surfaceを持ってきていますねー。

今までは、コンピュータ教室(デスクトップのコンピュータが30~40台並べている教室)でしか行えなかった情報処理演習の授業。
コンピュータ教室はそれほど豊富ではなく、情報処理演習以外にも使いたい授業があり、いわゆる「取り合い」状態でした。よって、時間割編成が大変だったと聞いています。

それが、このSurfaceによって、普通教室でも授業ができるのです!
当り前なのですが、まず大学側としては非常にありがたいことであります。
また、自宅でフル充電していると、6時間以上使えるはずですので、授業中に充電しなくとも問題ありません。

では、学生のほうからみると…
この世代は、中学校での「情報とコンピュータ」、高校での「情報科」があるので、コンピュータの操作そのものはまったく必要がありません。

とはいえ、メールや学内授業支援システム、学内掲示板などをチェックできるようにさまざまな説明と、Windowsアップデート、Officeのアップデートでほぼ初回の授業は終わりました。

でも重要なのは、ここなのです。
自分の武器(コンピュータ)は自分で使えるようにするものなのです。

「せんせー、なんか、こんぴゅーた、言うこときかへん」
「なんか、こわれた。見て」
ではなく、自分のこれからの大学生活のお伴となるコンピュータは自分でメンテナンスしなければならないものなのです。今までみたいに、だれかが面倒みてくれるものではないのです。

もちろん、大学に入ったら勉学も研究も自分自身なのですが、4月に入学して早々変わらないのも確かです。
自分でやらなければならない、という方向性を、Surface貸与によって強化できるのでは?と考えています。

また、このSurface 導入の効果を測定するために「情報プレイスメントテスト」(第1回目)も行いました。
授業が本格的に始まる前に、いわゆる大学入学時の情報に関する知識・理解をはかることを目的とし、文部科学省の事業で全国7大学で開発・実施されているものです。
当方は、「日本情報科教育学会」のメンバーとしてかかわらせていただきました。

奈良県立奈良養護学校の報告書が、パナソニック財団サイトにアップされました。

narayougo_h25_5c_007        narayougo_h25_5c_003
奈良県立奈良養護学校とは、もう3年以上のお付き合いになります。

奈良県の先生方を対象に、電子黒板の講習会をしていたときにお声かけいただいたのがきっかけで、現在はflash教材を学生が卒業研究の一環として制作し、授業や行事に参加させていただいています。

パナソニック教育財団さんからの支援もいただいていますが、その報告書がサイトにアップされました。
「平成25年度1月~3月活動報告 奈良県立奈良養護学校 第39回特別研究指定校」