月別アーカイブ: 2014年11月

ICCEの「おやつ担当」になりました

IMG_8167 IMG_8193
IMG_8241 IMG_8258
International Conference in Computer Educationという国際会議が奈良の新公会堂で開催されるのに伴い、奈良在勤の実行委員として参加しました。

当方は「おやつ担当」!
コーヒーブレイクのおやつはもちろん、毎日1回はスペシャルとして特別なおやつを用意したり、昼食時には足りない人用にパンを大量購入したり…。
もちろん、奈良のお土産を知ってもらいたいと、柿もなか鹿サブレなど有名どころもご用意いたしました ^^
もちろん、簡単に英語で説明もしました!

今回、強く思ったのは、さまざまな背景を持った方がいらっしゃるということ。原材料を見て、卵が入っていないか、ベジタリアンでも食べられるか、乳化剤は何をつかっているか、などなど。次回、こうした機会をいただいたら、今度は裏の原材料名も英語で表記し、参加者のみなさまがストレスなく召しあがれるようにしたいです!

ちなみに次にこの国際会議が日本開催になるのは7年後。
どれだけテクノロジーが進んでいるのか。
おやつの表記もかざしたら、原材料がいろいろな言葉で見ることができるようになっていたり ^^
その頃の私は、「7年前は大変だったのよー」なんて、若手の研究者に愚痴こぼしたりしているのでしょうか(笑)

Surfaceのある日常

IMG_8108  IMG_8158
ふと気付くと、学内のあちこちでSurfaceをみかけます。

1枚目は授業課題をやっている学生たち。
おしゃべりの続きなのか、ランチタイムの続きなのか… ^^

2枚目は、情報処理演習以外の授業での制作物と記念撮影中でした。撮影した写真をどうするのかききそびれちゃったな~。

こんな学生の笑顔を見に、大学までいらっしゃいませんか?

Microsoftで打ち合わせ!

IMG_8130 IMG_8128
前日の晩、おひき合わせしたい方々がいらっしゃったので、東京某所でお食事。
そして、今日は、Tuning Maniaxのセミナーで初めてお会いした戸倉氏にアポイントメントを頂戴したので、ITや教育系の情報交換をさせていただきました!

お昼をMicrosoftの社食でいただいていたら、なんと7月においでいただいた神様こと澤氏もランチ中。失礼と存じながらお声かけさせていただき、なんと直々にテクノロジーセンターを見学させていただきました!

こういうところを学生とわいわい見学しながら、テクノロジの進化と、それに伴う教育の変化などについて考えてみたいなぁ~ ^^

Surfaceで撮影→編集がストレスフリー☆

IMG_8069     IMG_8071 IMG_8077    IMG_8099
情報処理演習Ⅱは、動画作成ゾーンになりました。
今日は(アン)ハッピーマンデーで、かつ、よい天気!

「大学の前の公園に行こうか!ただし、よその人は撮影禁止!子どもに遊具は譲ること!」
というわけで、大学前の公園にSurfaceを持ってお出かけ♪♪

昨年までは、数人で1台のデジタルビデオカメラで撮影し、データをUSBメモリで移動させていたのですが。正直、撮影と編集が一台でできるのはありがたいです。
カメラの貸出、回収、データの取り込みなどの指導がすべてスキップできたのですから。

当方は安全の確保と周りへの配慮を気にしながら、学生の様子を撮影。
まぁ、何と楽しそうなこと ^^
ブランコのりながら、よく触れるなぁ~と。
4枚目は、「K I O」と作りかけているところです!

 

タブレット端末、貸し出し中!

タブレット端末を使って授業をしたいんですが…という相談のメールや電話が時々舞い込んできます。
状況をお伺いして、お邪魔する時もあれば、いらしていただくこともあります。

大学近くの、とある小学校からもご依頼があり、2度ほどお邪魔したのですが、いろいろな事情があり、以降は大学院生が当方の代行としてお邪魔することになりました。

今回は体育の授業で使われる、とのことで、事前にお持ちし、授業計画を伺い、アドバイスさせていただきました。今頃、楽しく、子どもたちは使っているんだろうなぁ~と思いつつ、当方は大学で授業です…

 

Surfaceなのでいろいろな形で画面共有できます。

IMG_8029今日の情報処理演習は、エクセルの関数とグラフ。
ここは得意、不得意が非常にわかれる領域なので、あらかじめ4人一組にして課題を出しました。

もちろん一人で考える時間が終わってからの、教えあいタイム。
こうしたグループでの活動で、Surfaceは大活躍!

「ここ、どうやったらできるん?」「こうしたらええねん」
「わからへん」「ん?どこどこ?」
みたいな会話があちこちから聞こえてきます。

画面の見せあいも、Surfaceなららくらく。
画面を倒したり、並べて比較したり、手軽に持ち歩けるのも魅力です。

…というわけで、苦手分野のエクセルも、クラスで一致団結してどうにか攻略できたようです ^^

業界の第一線の人の話を聞くこと

IMG_7997教育学部は、もともと幼小中高で教員経験のある教員が多いのですが、当方も含め一般企業に勤めたことのあるものはほとんどいません。ましてや、長い間大学にいると、社会の流れに疎くなってしまい…

ということをなくすためにも、弊ゼミではできるだけ外部の方に来ていただき、業界の話をお伺いしています。前期は、デプロイ王子こと廣瀬一海氏にきていただきましたが、後期は廣瀬氏からのご紹介で、株式会社co-meeting(当時)の吉田雄哉(パクえ)氏に来ていただきました!

吉田氏は、クラウド全般のエバンジェリストとして活躍中で、ちょうど就職対策講座出席後のゼミの3年生とお話ししていただきました。もちろん、我々教職員もサポートするのですが、その業界の第一線の方のお話は、「鮮度」が違います!

実は当方自身も吉田氏と対面するのは初めてだったのですが、Facebookでのやり取りからわかりやすくお話しされる方だというのは存じていました。
クラウドをはじめとするIT企業のお話、ご自身が起業された経緯などを楽しげにお話しいただきました ^^

また、学生のほうも、最初は緊張していたようですが、吉田氏の親しみやすいキャラとお話にどんどん質問もでてきて、あっという間の座談会でした。
来月は、改めて特別講義にきてくださるとのことで、学生ともども楽しみです♪

アプリケーションの操作もやっぱり教えません(笑)

台風で休講がつづいて落ち着かなかった月曜日の情報処理演習Ⅱですが、ワードによる学級新聞づくりを始めました。

段組みをし、写真を回り込ませ、テキストボックスを駆使してタイトルを作り…はいそんなに大したことはしていません。

ですが、「当然のことながら」教えていません。
「ヘルプを見ようね」の一点張り。

90分の授業のうち、最初の20分は自分だけでなんとかする時間、次の20分は周りの人と相談する時間、というルールも決めています。
また、教わった人は必ず人に教えるようにしよう、とも言っています。

当方は、明らかに間違った情報が共有されていないか、教えすぎて友達の分までやってあげてはいないか、など、学生の様子を見て回っています。

それでも苦手な学生は取り残されてしまうので、最後は大画面でポイントだけ説明して、あとは仕上げて、授業支援システムを利用して、提出!というのが、情報処理演習の流れです。

一方、「日経パソコンEDU」(クラウド型教育コンテンツ提供サービス)も併用しているので、事前学習に、また課題が終わった学生への応用教材として使っています。

第7回ゼミ旅行 in 京都!

IMG_7895     IMG_7948
2008年に畿央大学に着任して以来、毎年続けているゼミ旅行。
毎年3回生がプレゼンをして、ゼミ旅行の行き先を決めています。

今年は3回目の京都。
記念に残るものをみんなで作り、社会教育施設に見学にいくのが条件です。

2日間で、西陣染体験→京都芸術センター見学→アートアクアリウム→座禅体験→京都市学校歴史博物館見学→京都国際漫画ミュージアム見学
と盛りだくさん!

また、OBOGの方も数人参加してくれ、現役生と教員採用試験、就職活動、卒業論文など有益かつ重要な情報交換がされていました。

IMG_7952あまり天候がよくなかったので、徒歩を急きょタクシーに変更しました。こういう時に役に立つのが、Microsoft AZUREを使っている「全国タクシー配車」
20人以上で動いているので、本当に助かりました!

第50回奈良県放送教育研究大会・第1回奈良県小中学校メディア教育研究大会 in 五條市

IMG_7872    IMG_7875
4月から何度かおじゃましていた五條市立阿太小学校。
放送教育とメディア教育の研究大会だけあり、6学年ともタブレット端末、電子黒板、実物投影機など、多くのメディアが効果的に使われていました。

また、6学年+特別支援学級すべてで授業が公開され、学生たちとどれを見に行こうか~、手分けしよう!とうれしい悲鳴。どの学級も、子どもたちが楽しそうに学び、先生方も生き生きと授業されていたのが印象的でした。

最先端ではないかもしれませんが、先生方も子どもたちも無理せず、自分たちの授業+@のICT活用の授業を拝見させていただきました!