月別アーカイブ: 2015年4月

卒論構想発表~AR絵本~

IMG_9935この時期の4年生は本当に忙しいのです。就職活動もしくは教員採用試験の勉強、そして、卒業論文も忘れてはいけません。

…というわけで、3年生を前に構想発表です。
保育士と幼稚園教諭の資格と免許を取得予定のH君。
せっかくなので幼児教育×ITで…と悩んだ結果、AR(Augmented Reality・拡張現実)絵本にたどり着いたようです。

ゼミに配属になったばかりの3年生もいるので、まずはデモンストレーション。
絵本上にはない「ブドウ」が画面に映し出され、一同
「え~!!!!!!」と驚きの声 ^^

ただ、これをどうするのか!作るのか!?など壮大な計画も出され、最初の卒論構想としては上々でした。

これから、まだまだ忙しくなりますが、その中でも、自分のテーマを忘れず、細かく細かく情報を収集し、考える癖をつけてもらいたいと考えています。次は10月頭の中間発表まで、半年弱。内々定をいただいたり、もしくは教員採用試験が終わったら、卒論に集中しましょうね!

今回、使わせていただいたのは、『プリンセス・プーパックとナオ』です。

お昼休みの一コマ~学食にて~

IMG_9929Pro3をもっているのは1年生たち。入学して1か月弱。お昼休みの一コマ@学食。

もちろん、食べた後は手を洗い…とか、倒れたらこぼれるものは近くに置かないとか、いろいろ思うところはあるのですが、こうして友達どうしが集まって、食べたり、飲んだり、遊んだり、スマホを触ったり、課題したり…。
その日常がいいかな~って思っています。

(撮影及びネットあげ、本人たち承諾済)

オープンキャンパスの個別相談コーナー

IMG_9912今年度初めてのオープンキャンパス。
ガイダンス、模擬授業、キャンパスツアー、大学生とのフリートークなどが行われますが、今回の当方の担当は「個別相談コーナー」でした。

ガイダンスよりももっと詳しく聞きたい。実際の様子を知りたい。こういうことは可能か?などの質問や相談を承りました。
教育学部現代教育学科の中に3つのコースがあり、それぞれ主とする免許が違うわけですから、やっぱり高校生にはわかりにくいですよね…> <
しかし、4月のこの時期から、熱心な高校生や保護者の方が多くいらっしゃり、ありがたいことです!

当方といえば、「人間っておもしろそうだから」という気持ちだけで、当時はまだ珍しかった「人間科学部」に入学したわけですが…苦笑。

なお、オープンキャンパスの日の晩は、ついついtwitterで検索をしてしまいます。
おおよそ「きれい」「先輩たちが親しみやすい」「隣にショッピングセンターが…」「駅から遠い」などが投稿されていました^^

Global Azure Boot Camp in JAPANに参加しました!

IMG_9911Azureを触りだして、ほぼ1年。この1年は、いろいろなMVPの方からお話を伺い、その時はわからなくても、あとから「あーなるほどねー」と思いながら、せっせと脳内に引き出しを作ってきました。

今回も「引き出し」と人脈を作りに参加した「Global Azure Boot Camp」
世界中のAzureのコミュニティが180か所以上で一斉に開催されるイベントです。
同じ会場には、学生主催のハンズオンも開催されていて、盛り上がっていました!

Azureは「Tuning Manixに挑戦」からですが、1年で本当にいろいろな機能が追加され、ポータル画面も変わりました!文字通り日進月歩なんですね…。
当日は、関係者の方からのそうしたご苦労も伺いました…。

今回は、(株)gloopsさんの素敵な会場!
いろいろなソファーがあったり、ゲーム機や卓球台があったり、自動販売機もいろいろあって、ゆったり勉強させていただきました。ありがとうございました!
これで、畳があれば完璧、なーんて(笑)

お会いしたかった方にもご挨拶でき、あっという間の半日でした。
いまどきネット上でももちろん資料収集はできますが、お金と時間をかけて出かけている以上、対面でしかできないコミュニケーションを重視したいと思っています。
また、あらたな縁もありましたが、え?そこでつながってるの?的なこともあり、やはり世間は狭いものですね…^^

心残りはLTに参加しようかどうしようか…と迷いつつ、結局しなかったことです。
1月のMVP Camp以来、教育関係者以外に、大学のSurface話を聞いていただきたいとは思っていたのですが、Azure関係ないしな~と思って遠慮していました。
今度、もしチャンスがあればやってみよう!と誓った次第です!

なお、写真は、昨年の「Tuning Maniax」優勝者の菅氏に撮っていただきました。
この1年間で対面でお会いしたことは数回ですが、FBやTwitterではよくお話しさせていただいています。ありがとうございました!

ゼミの学部生もSurface Pro3!!!

IMG_9872今日から4年生の卒業論文構想発表。1年間温めてきた自分の思いを少しずつ外に出すことから始まります。

写真のY君は3年生の時から奈良養護学校に週に1度程度お邪魔し、先生や子どもたちとかかわり、少しずつですが手作りの教材もつくってきました。その中で、本人のこだわりである「音」に注目しようとしているところです。

ところで、教卓の上には??
私も初めて見た(!)のですが、個人でSurface Pro3を買ったようです。
「貯金がすっからかんになりました~」とのこと。

まだ本当に「買いたてほやほや」のようで、電子黒板に直接接続する方法がわからなかったようです(笑)次回の構想発表のときは、せっかくなのでSurface Pro3を電子黒板につないで、ダイナミックな発表をしよう!
(ちなみにキーボードの色はスカイブルー。まだゼミ内で重複していませんw)

Surface Pro2でノートテイキング!

IMG_9858  IMG_9916
2年生「教育方法・技術論」での、Surface Pro2を使った学生のノートテイキングの様子。
ワードを使っている学生やOne Noteを使っている学生も。

授業支援システムは別途ありますので、配付資料や黒板と組み合わせて、それこそ教育方法を工夫しなくては!ですね。
私はノート提出を課題としたことはありませんが、ディジタル化すると提出とおそらく添削も楽になりますね~^^

学生に聞いてみると、レポート作成や提出には重宝しているとのこと。
とはいえ、このままでは「コンピュータ教室の代わり」でしかないので、有効活用できる教育方法を考えないと。

ゼミの目標:社会とのつながりを強くする

IMG_9808 IMG_9811 IMG_9815
「最初のゼミは青空のもとで!」でも書きましたが、今年度は3年生8人が配属となりました。日程調整をして、新歓コンパが土曜日開催となったら、なんとOBOGが続々参加表明!

新人8人に対し、現役(4年生とM2)が9人、そしてなんと卒業生と未来のゼミ生合わせて8人という大宴会になりました。 未来のゼミ生(写真3枚目中央)は、ゼミ1期生のパパとゼミ3期生のママをもつ、弊ゼミのアイドルです。もう少し大きくなったら、ぜひゼミ旅行も参加してくださいね^^

さて、当日来てくれた卒業生Iさんが驚いた様子で話すには………

今をさかのぼること3年前の話です。
高大連携の一環として、弊学併設校の「関西中央高等学校」のM先生から依頼があり、高校生の論文指導を大学生が支援する、という共同研究をしていました。そして、弊ゼミから当時まだ3年生だったI君が担当となり、実際に高校に行ったり、オンラインで添削したりして、その成果は学会でも発表しました。

というわけで、3年たって、高校3年生と大学3年生は、大学3年生と社会人2年生になっての再会です!
お互いよくわかったね~。などと言いながら。

こうした、予期せぬ再会があるのも、縦のつながりに強い、弊ゼミの特徴かもしれません。
今年から、弊ゼミの目標の一つに 「社会とのつながりを強くする」 を掲げました。

卒業生を通した縦のつながり、大学に来てくださる企業の方々、コミュニティやイベントに参加して作る社会や地域とのつながり、SNSで構築される人間関係… 大学生としての「強み」を活かして、卒業後に生きる人脈を作ってもらえれば、と思います。

これだけ書き込めば、Surfaceの価値あるよね~

IMG_9877大学院ゼミ(M2対象)の1ショット。
これだけ、色とりどりのペンで書き込めば、Surfaceの価値もありますよね!

色の違いは読んだ時の違いらしく、前はこう思っていたけれども、今はこう思っている、だそうです。
当方の時代は本にメモをさしこんでいました。今でも、昔の本を開くとぽろりと出てくることがあります(笑)
次には、付箋をはったりもしましたが、時間がたつとはがれたり、ぼろぼろになったり… > <
そして今はタブレットに書き込み、でしょうか。

日頃の思い付きのメモなども院生(M2)はこれにとっていて、そのまま研究ノートになっているようです。しかし、そのうち、10年もたつと、「そうそう、昔はタブレットに…」なんて話になるんでしょうね。楽しみです…^^

最初のゼミは青空のもとで!

IMG_9784ここ数年、最初のゼミは、大学向かいの公園で、と決めています。
3年生と4年生の初顔合わせ。
青空のもと、お茶して、お話しして、自己紹介して…
90分なんてあっという間です。

今年度の弊ゼミは、
3年生(8人)、4年生(12人)、修士1年(1人)、修士2年(1人)の大所帯!
(この時は体調不良やお仕事で若干お休みもありましたが…)

4年生は、すでに始まっている就職活動やあと3か月となった教員採用試験の勉強、それに卒業論文。
3年生は、まずは人前で話すことに慣れ、それから卒業論文のテーマ探し。
弊ゼミでは、テーマ(問題意識)を自分で探すところから始めます。

さて、本学はゼミを学生が選ぶ方式ですので、これだけ来てもらえるのはありがたいです。
ご期待に沿えるよう、今年度も「真面目に遊び、楽しく研究する」をモットーに頑張ります!

はじまりました!Surface Pro2の2年目

FullSizeRender  FullSizeRender2
1年目は、授業の準備やトラブルシューティングに追われ、年度の終わりになってようやく「広報活動」できる余裕ができ、「すげー」とびっくりされ…

芸能でもスポーツでも、「新人賞」をとってからが本当の勝負だといわれますが、Surface Pro2の2年目が始まりました。

写真はまだ撮れていませんが、学食でもSurfacePro2を持っている2年生をよく見かけます。必修の授業はなくなったはずですので、自発的に学生は持ってきていることになります。

さて、写真は当方が担当する「教育方法・技術論」(2年生配当)
5分の1ぐらいの学生は、Surface Pro2でノートテイキングを始めました。
また、グループワーク中は情報検索もしていたようです。授業中にちょっと聞いた限りでは、ほぼ全員が「これからも使う」とのことでした。

今後、どのような授業で、どのように使うのか。また、大学外でもどのように使っていけるのか。
それを学生ともども考えていきたいと思います。

これからが私たちの勝負なのかもしれません。