月別アーカイブ: 2015年8月

「教育のゴールと方向性をいかにして共有するか」

FullSizeRender22 FullSizeRender23

帝塚山大学人間環境科学研究所主催のシンポジウムで、奈良養護学校、東大阪大学短期大学部との共同研究の成果「TMSN」について登壇させていただきました。

「どうしてそんなに仲良く研究できるのか?」
と質問をいただきましたが、なんでなんでしょうね?
全員が子どもたちのことを、ご家庭のことを、地域のことを、そしてお互いのことを考え、文字通り損得抜きに動いているからでしょうか。

シンポジウムの問いの答えにはならなかったかもしれませんが、この仲間があったからこそ、頑張れているのは紛れもない事実です。
お互いに、できることをするそんな当たり前のことをできる仲間に出会えたこと、感謝します。
そして、これからもよろしくお願いします。いつまでも、楽しく、一緒に研究しましょう!

一脚の椅子の座り心地。

IMG_1555 IMG_1562

いつもお世話になっている、奈良県下の特別支援学校の先生が中心になって開催されておられる「なんとカンファレンス」
「ぜひ会場で使ってくださいね~」というお話をして1年。
ようやく弊学で開催していただきました!

午前中は「専門店」という名で、地域でいろいろ取り組んでおられる先生方や地域の方がワークショップやお話をされます。
当方も、奈良養護学校、東大阪大学短期大学部の先生方と共同研究している「TMSN」を「出店」させていただきました!
説明だけではなく、大学のSurface Pro3を持ち込み、参加者の皆様に実機でデジタル教材を体験していただきました。
終わってから「こんなサイトがあったなんて!!!」と保護者の方からお声かけいただいたのが大変励みになりました。

お昼を挟んで、午後からはトークイベント。
参加者全員が食堂に集まって、いろいろ悩みを話し合ったり、これからの希望を語ったり…

また、食堂の一角には、あると生活が便利になったり、余計な力を割かなくてよくなったりするものがずらり!
その中から、写真は、奈良市在住の木工家具職人 今池さんが作られた「一脚の椅子」です。
さて、なんでこんなものが…??と思われた方、ぜひ体験なさってください。
そして、なぜこの椅子が出品されたのか、どんな人がこの椅子を必要としているのか、考えるきっかけになれば幸いです。

エヴァンジェリストの「技」をみせていただきました

マイクロソフトの西脇氏の「エヴァンジェリスト養成講座」に参加しました。
不案内な土地というのもありましたが、一番前に座りたかったので、かなり早めに到着!
そして、他の方の誘導もしながら、「演台」の真ん前に座り、一番前で「ガン見」させていただくことができました!

以前より気になっていた「授業とプレゼンの違い」
西脇氏は小学校でも授業をお持ちになっているとのこと!!!!
一度拝見させていただきたいです~^^

さて、授業にもプレゼンにもいろいろなタイプがあり、それらが重層的になっているので一概には言えませんが、
・言語的なリアクションを求めない=発問しない
・聴講者同士のコミュニケーションは想定しない=一斉授業
ということを共通の前提にするならば、大事なところは繰り返す、間を置く、リズムの緩急や声質の変化、言葉以外の音を利用する、など、いわゆる話し方の基本的なスキルは重なる部分が多いと感じました。

ただ、そこからがやさすがエヴァンジェリスト!(当たり前って言われそうですが…)
「なるほど~」と思うところが多々あり、登壇や後期の授業に早速取り入れさせていただきたく!!
(…とはいえ、そんなにすぐ身につくものでもないんですけどねぇ…)

有償講座ですので、講座の詳細は控えさせていただきますが、ぜひ西脇氏の新刊「新エバンジェリスト養成講座」でご確認ください!

今回は、エバンジェリスト養成講座でしたので、「『プレゼンとは何か』についてプレゼン」されておられ、内容と方法が不可分になっていましたが、次にチャンスがあれば、違う内容でプレゼンされるのを拝見させていただきたいなぁと強く思った次第です!

スポーツ実習 in 琵琶湖!

IMG_1445 IMG_1457
前期が終わったら、「スポーツ実習 in 琵琶湖」
4日間、カヤック、ヨット、ウィンドサーフィンというマリンスポーツや、集団生活での協調性などを学んで、単位とします。
昨年度に引き続いて「引率」兼「広報担当」です。

今年はモバイルルーターも持参し、学生の様子を細かに発信するとともに、学生から送られてくる日々の感想を「ブログ記事」としてまとめ、大学のサイトにアップされます。
ブログ記事はこちらをご覧ください。
将来的には、学生自身が自分の端末で…とは思うのですが、スポーツ実習でくたくた、腹ペコのようです…^^

IMG_1486 FullSizeRender
仕事柄徹夜はよくするのですが、ちょうど湖西にいるので、琵琶湖からのぼる朝日は素敵です☆
ことしも琵琶湖ウォータースポーツセンターさんには大変お世話になりました。
昨年参加した1年生のうち4人がアシスタントとして参加してくれ、非常に助かりました。
この中の1年生がまた来年来てくれることを祈りつつ…^^

3年ぶりの「情報科指導法」

FullSizeRender21 IMG_1334

以前より、正直どこでご挨拶させていただいたか、覚えのないY先生から突然メールをいただいたのは約5年前。
「情報の免許を出すので、授業を担当していただけないか?」
そのころには、すでに弊学での情報免許はなくなることが決定していたので、喜んでお引き受けさせていただきました。
それから書類提出やいろいろありましたが、ようやく3年ぶりに「情報科指導法」の授業をすることができました!

弊学の免許保持者には懐かしいであろう「学習指導要領」と「教科書分析」から~。
教科書を見比べたり、「学習指導要領」の項目に分類したりしながら、教科「情報」の内容をまずはざっくり知るところからです。

さて、今回の受講生はなんと一人!
一人だと、授業はサクサク進みますが、模擬授業の生徒役が…。
もう少し近ければ、ゼミ生に参加を要請したのですが…(笑)
一人3役ぐらいで頑張りました!!

さて、違う大学にお邪魔すると、いろいろ珍しいものを探索するのは楽しみの一つです。

IMG_1352 IMG_1353

「メディア」の授業では必ず登場する「掛図」
ただ、本物を見たことのある学生はどんどん減っていっているでしょうね~。
廃棄されないうちに1つは確保しておきたい逸品です^^

また、「100円朝食」!!
実物はお目に書かれませんでしたが、これは弊学でも取り組んでほしいですね!

教員免許更新講習を担当しました

IMG_1316
今年も教員免許更新講習を担当させていただきました。

お引き受けした5年ほど前は、実技として「電子黒板」を対象としていたのですが、昨年より「タブレット端末」に切り替えました。
また、昨年は「アプリ」メインだったのですが、すでに使われておられる方もいるだろうと、
(A)カメラコース…カメラ機能で授業を組み立てる
(B)アプリコース…アプリメインで授業を組み立てる
(C)「ロイロノート」コース…プレゼンテーションアプリを使った授業を組み立てる
の3コースを用意しました。

2人で1台のタブレット端末を準備し、限られた時間ではありましたが、さまざまにアプリを試し、授業への活用を議論されておられました。
当日は、「タブレット端末の役割」について修士論文を執筆中の院生も同席し、サポートしながら、先生方の現状を伺わせていただきました。
論文には含めることはできませんが、こうした「雑談」「日常会話」から見えてくる現実ってありますよね?

さて、今までは、iPadがメインだったのですが、近隣の小学校でもWinowsタブレットが配布されているようですので、来年あたりからはさまざまなタブレット端末を用意する予定です!

奈良県放送教育夏期研修会を開催しました

IMG_1300 IMG_1297

当方の卒業論文は「放送・視聴覚教育」でした。
そもそも、「子どもとテレビ」に興味があり、学校におけるメディア実践研究の第一人者でいらっしゃった水越先生の研究室に入り、「子どもがテレビを見ること」について、学部学生なりにいろいろ考えていました。また、当時、研究室ではいろいろな学校と共同で実践を行っていましたので、近隣はもちろんのこと、石川県金沢市の小学校までよく業務用カメラを抱えてお邪魔していました。

あれから20年…。
映像の持つ訴求力はかわりません。媒体は変われども、「映像を見て何を学ぶのか」は、永遠のテーマです。

今年は、特別に、奈良県下の高校の放送部の研修会も同時に行われました。
これからの映像を支える高校生パワーを間近に感じることができ、私も改めて、自分自身の課題を改めて再確認した次第です。

また、この大会を弊学でお引き受けして3年になります。
教員になった卒業生が参加はもちろんのこと、運営にも関わってくれています。
いつの日か「パネルディスカッション」で、卒業生と一緒に語り、考えていきたいです!

パラレルワールドの「窓」になるのか、タブレット。

FullSizeRender19

パラレルワールドに住む伯母に会いました。
母が、故郷広島から神戸の大学に進学するときにお世話になり、当方自身もお世話になりました。
母とは少し歳が離れていて、頼りになる姉だったようです。
海外での生活経験もあり、「おしゃれなお家にすむ、英語を話す、瀟洒な伯母」というのが、子ども当時の私のイメージでした。

そんな伯母がパラレルワールドに引っ越して数年経ちました。
今日は、「カーテンのタッセル」と、椅子の脚に防音のためについている「テニスボール」が、パラレルワールドから見えていたようです。

声をあげて笑い、思い出したかのように話にうなづく伯母をみながら、
パラレルワールドの住人とのコミュニケーションツールとしてタブレットは使えるのだろうか?
ということをずっと考えていました。

「認知症の人の約半数は、自主的にタブレットPCを使用可能であり、介護者に役立つことが示された。」という研究成果もあるようですが、パラレルワールドに引っ越す前から使っているかどうか、という点は大きいでしょうね…。

現在取り組んでいる、特別支援教育の情報化と同じく、息の長い研究テーマになりそうです。

なお、写真は、こちらの世界での仮住まいの壁に飾られていた「金魚」たちです^^

地域と学校と人と…新しいこと始めます!

FullSizeRender18

これまで地域とのかかわりといえば、「畿央大学の西端律子」としてご用命があり、学校にお邪魔してお話させていただいたり、地域の会議に出席させていただいたりしていました。

今回は、SNSでのつながりと発言がご縁で「西端律子」個人として、地域の方とお付き合いさせていただいています。
いろいろな職を持つ方、いろいろな家族を持つ方、いろいろな生き方があることをあらためて実感しています。

住まいは大阪ですが、日中は圧倒的に奈良にいることが多く、奈良のお役にたてば…と今日も、数名とMTG。
まだ、はっきりしたことは言えませんが、何か始まろうとしています!いや、始まっています!

メンバーそれぞれがそれぞれの得意分野で、それぞれの持ち味で大きなことに、少しずつ取り組んでいます。
来月あたりには発表できる予定ですので、どうぞお楽しみに♪

お盆は、大学にも帰省ラッシュがおこります!

FullSizeRender17
世間的には「お盆休み」では、今日は履修指導。
教育学部の学生は9月いっぱい教育実習に行くので、10月(正確には9月下旬)から始まる後期のオリエンテーションは8月中に行わなければなりません。

紆余曲折あって、今年はこの時期に開催。
学生たちもいろいろ言っていましたが、郷里が遠くにある先生方も………

さて、とはいえ、今日も研究室に遊びに来てくれた卒業生「たち」
仕事のこと、これからのこと、懐かしい卒論のことなど、現役生と一緒にお茶しました。

本人「たち」の希望もあって、詳細は省かせていただきますが、おめでたいですね~^^
お盆は、大学にも帰省ラッシュがおこります!