月別アーカイブ: 2015年10月

SurfaceHUBがあれば………

IMG_2362
ゼミの発表での一コマ。
先日の奈良養護学校での取り組みを発表している4年生です。
電子黒板という使い方をしてきたので、ついつい大画面をタッチしてしまいますよね…。
(もちろんドライバを入れれば使えるとは思いますが、まだ試しておりません)

これがSurfaceHUBであれば、よりスムーズに使えるのになぁ…と妄想中。
さすがに当方が自由になる研究費では買える値段ではありませんが…。

とはいえ、ビデオデッキもデジタルカメラもパーソナルコンピュータも電子黒板も最初はそうでしたよね!?
必要性を見極めつつ、とはいえ、イノベーターとしての役割も果たすことができるよう、画策してみます!

なお、SurfaceHUBについてはこちらをご覧ください。動画もあります。
Microsoft SurfaceHUB

見て、考えて、判断して、手を動かすこと

IMG_2336
共同研究させていただいている奈良養護学校の授業風景です。
自立活動の時間に、学生(4年生)が自作の教材を持込み、S君と一緒に勉強しています。

S君は聴覚優位で、見ることが少し苦手です。
また、3年ほど前はタブレット端末などの機械類があまり好きではありませんでした。
しかし、担任の先生や保護者さんと相談し、将来を考え、最終的には意思疎通のツールとなるように、タブレット端末を授業で使うことにしました。
S君が大好きな「おにぎり」をコンテンツとすることから始め、今では動物、車、スポーツなどさまざまな分野のコンテンツで勉強を進めています。

S君の中で、見ること、考えること、判断すること、手を動かすことが少しずつスムーズになってきたのがよくわかります。
それに伴い、学生のスキルも大幅アップです。
最初は、パワーポイントで作るしかなかったのですが、今では、Flashで動的なコンテンツも作ることができるようになりました。
(もちろん、当方はなにも教えていません)
やはり、S君の笑顔、担任の先生からの依頼というニーズが、彼を大きく成長させました。

とはいえ、そろそろ彼も卒業、Flashもどうしたものか…と考える今日この頃です。

AZUREの秋、感謝の秋、食欲の秋

FullSizeRender27 12038927_953265291432464_8175983417455545097_o

つい先月できたばかりの「JAZUG学生支部」(AZUREユーザーコミュニティの学生支部)が研究会をされるとのことで、学びに来ました!
最新のAZUREの話~学生向けの「まず、AZURE使ってみようぜ!」的なお話まで4本立て。
当日は配信もされていたので、急きょゼミの学生には「見ておこうね~」とURLを知らせました。学生はなかなか出歩けませんので、非常にありがたかったです!

当日の映像はこちらでアップされています。
「秋のAzure勉強会 ~Azureの今を知ろう~ (2015.10.24) 」

AZUREを触りだして1年半。聞くたびにできることが増えている、というか、技術も進展しているとともに、自分の中でも「あ~、あれに使えそう」というシーンを思いつくことが増えてきたような気がします。

IMG_2296

さて、勉強会が終わったと同時に、
「おめでと~~~~」
という声とともに、ハグしていただきました!!!!!
今回、Microsoft MVP for Surfaceをいただいたのですが、きっかけは、2015年1月の「MVP Community CAMP」でした。その後いろいろな人脈がひろがり、当方も学校関係者以外にお話する初めての機会で勉強になりました。その時のエントリは「MVP Community CAMPにて、がっつり教育を語ってきました」をご覧ください。この時にも書いていますが、今後は皆様の支援に回ります。
そして、新たなステージに向けてご示唆いただきましたので、まずは自分で動いてみようと思います!

懇親会では、新たな出会いがあったり、実は「どこかで見たような…」という方に思い切ってお声かけしましたら、当方が長年お世話になっているT先生の研究室の学生さんだったり(当方が世話役をしていた研究会で発表されていた)で、こういうことはやはりその場に出かけないと…なんですよね…。
こういうことを知っているからこそ、出かけられる時は出かけるようにしています。

最後に食欲の秋!これはわざわざ書くまでもありませんね(笑)パクチーラーメンをいただいたり、パンプキンタルトをいただいたり、これはいつも通り堪能いたしました^^

なお、2枚目の全体写真は、今回JAZUGの足利さんにご提供いただきました。ありがとうございました!これからもどうぞよろしくお願いします!

いくらどこでもできるからって…(笑)

FullSizeRender26
お昼休みの学食での一コマ。
最近は、お弁当を食べている学生の横で、友達がSurfaceで課題をやっている姿も珍しくなくなってきたのですが、今日は、「二度見」して写真を撮らせてもらいました^^

近づくと…はい、その柱にコンセントがあり、充電しながら、でも、その間も課題に取り組んでいました^^

Surfaceを選ぶ時の条件の一つに、「フル充電で5時間以上使えること」というものがありました。
確かに家できちんと充電して来ればもちろんこのようなことはないのですが…(苦笑)、友達の家に泊ったり、オールで………
学生にはいろいろありますよね!!??

授業中もたまーにバッテリーの上がる学生がいます。
自分で充電器を持ってきていたら、コンセントに近い席に移動するのですが、やはりこれは重たいらしく、割と多くの学生が本体しか持ってきていません。
そういうときに限って、みんな静かに課題に取り組んでいるときだったりして、言いづらそうですけどね…苦笑

Surface2台持ち!? ではありません(笑)

IMG_2244
さて、日常生活に戻りました。

ふと見ると、2台持ちの学生が…
後期の課題である「初期化」をしていたら、授業に間に合わなかったとのことで、教育学習基盤センターから借りてきた、とのこと。
もちろん自宅にwifi環境がない学生もいますので、仕方ないですね…。

しかし、「忘れた」学生には対応していません。
なぜなら、教科書忘れたり、文房具忘れたりしても大学では貸していませんからね…苦笑

最近は、事前に当方の許可を受けたうえで、スマートフォンを机の上に持ちだして、Surfaceと文字通り2台持ちの学生も増えてきました。
事前に課題はスマートフォンで提示していますので、それを見たり、簡単な検索はスマートフォンでしているようです。

まぁ、こちらも手の動きを見れば、SNSしているのか検索しているのかぐらいはわかりますしね…。
また、ゲームやLINEなど授業中にするのはだめなことだと、学生自身ももちろん認識しているので、近づくと、ふとやめますので…。
その辺は信頼関係でやっていきたいと思っています。

画面切り替えや二分割では支障がでるのでしょうか。
そのあたりも学生にゆっくり聞きながら、今度の授業運営に活かしていきたいと思います!

学園祭には、OBOGがたくさん帰ってきてくれます

IMG_2186 IMG_2214

今年も「畿央祭」が開催されました!
今年は2日とも秋晴れ!!!
日が落ちるとさすがに肌寒いですが、日中はぽかぽかどころか、夏のような暑さです!

弊学の学園祭は、いわゆる模擬店やステージだけではなく、地域の子どもさんが来て遊べる「子ども企画」や、健康をチェックできるコーナー、大学で開発したテンペや大豆のスイーツなどの試食もあります♪
高校生向けにミニオープンキャンパスも行われています!

…というわけで、朝から大盛況。
顧問をしている「現代視覚文化研究会(通称、げんしけん)」の模擬店のジュースは飛ぶように売れました。
また、写真は日頃情報処理演習を担当している「教育学部1年5組」です。
5組の学生が作ってくれた揚げパン3種(シュガー、シナモン、きなこ)全部制覇しました^^
(当方が通りかかった時の写真なので、一部の人しか映ってなくてごめんね!)

そして、OBOGのみなさんがお土産を持って遊びに来てくれるのもうれしい限りです。
現役学生たちは、卒論、就活、仕事の話を聞いたり、「西端対応」のコツ(笑)を伝授されたり、おやつを媒介に学年を超えたコミュニケーションが進みます^^
また、それぞれにお付き合いされている方と一緒の場合もあり、ほほえましく、「よろしくお願いします」という保護者的な発言が出るのも、そういう年代になったからでしょうか^^
学園祭の時は年齢と次元を超えた服装をしていますが…(笑)

そういえば、学園祭の売り上げ管理でSurface使えると思うんだけどな~。
すべての店舗を見たわけではありませんが、今年は見かけなかったように思います。
まぁ、限りあるスペースで作ったり、廃棄したり、お金のやり取りをしたり…なので難しいかな。
今度1年生の担任を持つことがあれば、それとなく言ってみましょう~。

授業が終わっても、みんなと一緒なら^^

IMG_2164 IMG_2166
後期になって3回目の授業。
情報科学的な講義の多かった前期と比較し、Wordで学級新聞、Excelで成績処理、など、教員になるにあたって、実践的な課題が増えてきます。
しかし、ここでも「教えません!」
正確にいうと、目標を示し、わからない時の対応は最初に教えますが、基本的に操作手順などは教えない、ということです。

最初は自分で考える時間。
しばらくして友達と教えあう時間(但し、邪魔はしない)。
最後にこれまた様子を見て、当方が解説をし、次回の予告をする時間。

これでおおよそ90分の授業は終わるのですが、やはり個人差が出てきます。
そのあたりは次回の予習を各自で進めたり、自分でいろいろ調べ物をしたり、大学生ですのでそういう「自分なりの時間の使い方」も学ばせたいところです。

さて、この2枚は「授業終了後」の写真です。
後期の「情報処理演習」は2限ですので、授業終了後は昼休み。
早くご飯を食べたかったり、食堂に行きたかったりするものですが…(少なくとも当方が学生時代は…笑)

「早く課題やって出しておきたい」
「みんながいるから、この間に頑張る!」
…という感じで仲良くやっています!

誤解のないようにですが、すでに授業は終わっています。
課題は出していますが、締め切りは2週間後。
昼休みに、友達同士楽しそうに課題をしている姿を見て、こちらもなんだかうれしくなりました^^

はじめてのアイディアソン参加!

IMG_2121
日頃の授業でも、グループで、改善点を考えたり、何かアイディアを出したり、という活動はしているのですが、今日は私自身がその手法を学ぼうと参加しました!
知り合いも数人同時に申し込んだのですが、ここはあえて…と違うグループに参加。
「はじめまして~」「お仕事は何されているのですか?」
から始まる、社会人トーク。
私が最初にすわったグループは、エンジニアさんがお二人とデザイナーさん、でした!
それぞれにアイディアや視点をお持ちで、アイディアを創発するためのウォーミングアップは盛り上がりました!

さて、午後からは本格的にアイディア出し。
とあるメーカーさんが主催で、製品化も検討されるとのことで、そりゃー、頑張りました^^
製品化との関係で、詳しくはここでは…ですが、やはり自分のアイディアが認められるってうれしいですよね!
この「うれしさ」を授業にもフィードバックしたいところです。

さて、写真は会場となった「世界市場に挑戦する起業家や技術者が集まるビジネス創出支援拠点」「大阪イノベーションハブ」
以前もエンジニア系のイベントでお邪魔したことがあります!
グランフロントにあるのですが、会社帰りにふら~と立ち寄れる、それこそ「ハブ」(線の集まる場所)となって仕事、趣味、余暇などで人が集まることのできる場所があるっていいですよね!
残念ながら、弊学も地域の人や学校の先生方がふら~と立ち寄れる場所にしたい!という気持ちがますます強くなりました!

全日本教育工学研究協議会全国大会にて、大学院生が発表しました!

IMG_2086 IMG_2093

修士2年のA君が研究発表デビューです!(左)
富山県民会館の特別会議室、という非常に立派な部屋でした!
(当方のデビューは学部の時、某国立大学の一室だったことを今でも覚えています^^)
現場の先生が多い中、タブレット端末をどのようにすれば「スムーズに」使えるか?というテーマについて丁寧に発表していました。
きちんと質疑応答のための時間も残し、デビューとしては善戦したのではないでしょうか!?

右は、奈良養護学校の高橋先生による、TMSNの発表です(右)。
さすが安定したお話で、発表後に富山県の特別支援学校の先生から追質問をたくさんいただき、TMSNも少しずつ全国に認知されるようになりました!

IMG_2098 IMG_2103
午後からはワークショップ。
当方は、ゼッタリンクス(株)のlittleBitsに参加しました。
畿央大学現代教育研究所の竹中先生は、SurfaceはじめWindowsタブレットを準備し、電子黒板とタブレット端末の授業スタイルを提案しました。

全国から多くの現場の先生方が集まり、熱心に話を聞いたり、写真を撮ったりされていました。
ゆくゆくはこうしたところで、卒業生と一緒に発表したいものです!

低学年の間はアプリを利用せず、まずは理論を理解!

FullSizeRender25
Surface Pro2を持っているのは2年生。
持っている機種で学年がわかるのは便利ですね(笑)

さて、2年生になるとSurfaceを使う必修の授業はありませんが、お昼休み以外は自習室と化している食堂で見かけるのはこんな風景。
授業の合間に、みんなでよく勉強しています(手前味噌ですが…)。

紙の教科書、Surface、そして筆記用具と机の上に所せましと並べられています。
栄養計算のアプリもあるようですが、低学年の間はそうした便利アプリを使わず、理論を理解しながらカロリー計算などを行うようです!

なんでもそうですが、まずは文字通り「手を動かして」大変さを知り、やっていることの基盤となる理論を理解し、それから便利なものに頼らないと、薄っぺらいものになってしまいますよね…。

教育学部でも常日頃、黒板とチョークで授業ができてから、ICTを考えよう。と言っているのですが、学部が変われども考えていることは一緒だな~とうれしく思った午後のひとときでした!