月別アーカイブ: 2017年10月

学園祭で、謎解きゲームをゼミ出展 #kiorlab

今年の学園祭は、久々にゼミ出展をしました。前回は2013年(5期生が4年生の時)なので、4年前ですね。以前も卒業研究のためでした。AR、音ゲー、インターネットラジオとそれぞれコンテンツを自作し、学園祭で披露し、アンケートなどでデータを得ました。

さて、今年は「謎解きゲーム」。昨年のゼミ旅行で、「脱出ゲーム」を体験したのですが、その時に一緒に参加した卒業生ともどもそそのかして、いや提案して今に至ります。

設定も問題ももちろんオリジナル。弊学の学園祭は、地域の子どもさんも来られるので、問題の設定どころも、落としどころも難しく…。ゼミ内でだいぶん試行錯誤したみたいです。また、本人学園祭直前の9月は教育実習だったので、かなり準備が大変だったと思います。

…というわけで、ようやく当日。あいにくの雨でしたが、初日はほぼ満員御礼。2日目は警報発令により、午後から中止となってしまいました…(泣)とはいえ、参加者の皆さんの協力する姿、悩んでわかった時の笑顔は、年齢を超えて、共通でした。

「主体的・対話的で深い学び」が、次期学習指導要領で重視されます。毎回、このような授業の準備ができるわけではありませんが、謎解きゲームに魅了される理由、それが学習にどのように結び付けられるのか、そこまでかければいい論文になるよー。がんばれー!

なお、問題については、論文審査がすべて終了した2月中旬ごろ、またこのブログで掲載させていただきます。みなさん、チャレンジしてくださいね!

参照リンク:「リアル脱出ゲーム、絵皿絵付け、刀剣ワークショップ in ゼミ旅行!」

からぷろならシリーズ(1):ページとロゴとプロフ写真と #karapronara

 

総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」プロジェクトが始まりました。
これから何回かに分けて、記録のためにやってきたことをつづっていこうと思います。
まずやったことは、情報公開のためのページをFacebook上に公開しました。
「「自立活動の時間」に応用可能な教育モデルの開発」

そして、奈良地区の愛称およびハッシュタグを「からぷろなら(karapronara」としました。これは、一緒に組ませていただいた事業者のお一人が、フジテレビKIDS「ポンキッキーズ」のMさんで、このプロジェクトそのものが同番組の一コーナー「からだでプログラミング」を基軸としています。

よって、プロジェクトのロゴは、ポンキッキーズのキャラクターである、ガチャピンとムック。そして当方のプロフィール写真は…そう、向かって左がガチャピン、右がムックの色なのです!

これから、密度の濃い3か月が始まります!!