Nintendo DSも活用するICT教育!

11720482_863574547054997_1304718950_n       11739603_863574557054996_495997260_n 11720479_863574540388331_803495543_n 
弊学1期生のK先生から「ICTを活用しようとしているんです~」という連絡をいただき、院生と一緒に三重県津市内の小学校に伺ってきました!

在学時代から情報系の授業には興味を持って取り組んでおられましたし、高校「情報」の免許も教育実習を残すのみ、ぐらいには単位を取っていたので、操作や技術などは安心。むしろ、「いかに授業の中で自然に使っているのか」というところを拝見させていただきたく…

当日は、1~3時間目の連続で、「実物投影機+デジタル教科書」の国語、「Nintendo DS」の理科、「タブレット端末」の音楽、と、教科も使い方もさまざま工夫されておられました。

「Nintendo DS」は、カメラ機能、撮った写真に書き込みする機能、先生に送信する機能を使い、、植物を観察し、気付いたことを書き込んでいました。児童の持っている「Nintendo DS」の画面をそのまま大画面に投影する機能さえあれば、手軽さといい、子どもたちの手になじみやすさといい、ちょうどいいんですけどね~。

この辺は時代の流れかもしれません。
いや、こうしたらできるよ!というものがあれば、ぜひ教えてください!

さて、学級の子どもたちももちろん元気!
残念ながら雨模様で、屋内の観察になりましたが、みんなが協力して、鉢を運んだり、廊下を片づけたり、と、学級経営もきちんとされておられることがわかり、手前味噌ながらうれしく思いました!

Nintendo DSを使った「Nintendo DS教室」といえば、4期生のMさんが卒業論文としてまとめたものであり、改めて見たところ…
ちゃんと「津市教育委員会が導入した」との記述がありました!
しかし、この9月で使用期間が終わるとのことで、今後についても模索されているようでした。

弊学1期生もそろそろ社会人になって6年目。いろいろ落ち着いて考えたり、チャレンジしたりできるようになる時期ですね!
K先生のその後についてもフォローしていく予定です!