【Microsoft MVP for Windows and Devices for IT】を受賞しました

img_7246

10月1日付で、【Microsoft MVP for Windows and Devices for IT】を受賞いたしました。
弊学でのSurface貸与の取り組みもですが、小学校および特別支援学校でのWindowsタブレットでの取り組みもご評価いただいたものと思います。

昨年度の初受賞から、いろいろなところでお話させていただく機会をいただきました。
「Microsoft MVPが個人とコミュニティのパワーをフルに引き出す」
のような記事も書いていただきました。

また、エンジニアの方との交流により、最新の技術について知る機会も増えました。
よりわかりやすく学生に伝えたり、また自分自身の研究にもフィードバックしたりすることができました。
「肢体不自由児たちの可能性を伸ばすデジタル教材開発と、保護者たちを支えるコミュニティづくりを、Microsoft Azure の R&D クラウド助成プログラムで加速」
と、助成もいただくことができました。

さて、2020年をめどに小学校では学習者用タブレット端末が整備されます。
また、特別支援学校では、ディジタル教材が活用され、支援技術(Assistive Technology)としてもタブレット端末が活用されています。

いままでは当方が様々な学校にお邪魔して、お話することが多かったのですが、これからはイベントをしながら、いろいろな方、とくに学校現場の方々や女性と交流しながら、最新の技術についてわかりやすくお話したり、ニーズを抽出し、企業側やエンジニアの方にお伝えできればと考えています。

ITな女子会(1)~手乗りロボット「Ozobot」でアイディアソン体験!
日時:11月20日(日)13:00~
場所:ハルカス大学
対象:女性(ITについては初心者からバリバリエンジニアまでどなたでも)

Windowsアプリ×教育
日時:12月3日(土)13:30~
場所:TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター
対象:教育に関わる方(現職の教員をメインターゲットと考えていますが、広く、学生、大学教員、教育産業、保護者さんも)

10月15日現在、どちらにも空席がございます。
お時間の都合のつく方は奮ってご参加いただければ幸いです。
また、今後このような取り組みがあれば…、というリクエストもぜひお待ちしております^^