第1回「Windowsアプリ×教育」を開催しました!

img_8160 img_8162

「Windowsのアプリって何があるの?」「このアプリ、Windowsで使える?」
タブレットの研修会でよく聞かれます。

「教育方法・技術論」では、実際に学生にストアでアプリを探して体験し、模擬授業を行ったりしています。
(以下の3枚は大学での授業風景です)
fullsizerender-99 fullsizerender-15 fullsizerender-46

というわけで、「アプリ探しとアプリ体験」を先生方ともしてみよう」イベントをさせていただきました。30名弱の皆様にお申込みいただいたため、二人に1台のSurface機(Pro4とPro3)。
但し、個人のSurface機を持ってこられている方も少なからずいらっしゃいました。

最初は、立命館小学校の六車先生から、貴重な子どもたちの写真と共に、「OneNote」を使った実践をご紹介いただきました。学校にペッパー君が何人もいる写真では感嘆の声が上がっていました。
私も実際に公開授業の時に拝見させていただきましたが、子ども達と一緒に「学ぶ」風景にびっくりいたしました。

15253629_1205103419568773_7774027796845420356_n

次は、MYさん(お名前非公開)から、「おいしいプログラミング」のご紹介^^。(株)江崎グリコさんが子どもたちにむけて開発された「グリコ―ド」を初めて聞いた、という方もかなりいらっしゃいましたが、楽しく笑顔で「プログラミング体験」されておられました。

また、プログラミングに必要なビスコ、ポッキーなどは、今回公募させていただいた「おやつスポンサー」様にご準備いただきました。
「ソフトバンクコマース&サービス株式会社」さんと「ラインズ株式会社」さん、ありがとうございました。文字通り、美味しく勉強させていただきました^^

休憩や情報交換を挟んだ後は、それぞれでアプリのダウンロードとインストール。しかし、事前に会場とも相談し、2回線用意したのですが、それでも思ったより早くなく、参加者の皆様には大変申し訳ありませんでした。
次回の反省材料としたいと思います。しかし、待ち時間に情報交換をされたり、「グリコ―ド」をすすめられたりと、非常にご協力いただき、感謝しています。

最後は、LTコーナーということで、3人の方々に話題提供をしていただきました。
Takuro Ozakiさんからは、「共同編集ツール/同時編集ツールについて考えてみた」
松本吉生さんからは「メモ帳でできるC#プログラミング教育の手法」
田内一章さんからは「Office365でお手軽情報漏えい対策」
ありがとうございました!

貸し会議室でのイベントということで、Surface設置の時間が読めず、少し遅めの開催としたのですが、当日、OzakiさんやMYさん、そして弊研究室の学生、そして卒業生らがかなり早くから、手伝いに来てくれました。(お昼も出せずに申し訳ない)

アンケートには、ネットワークの遅さのおしかりとともに、期待のお言葉もたくさんいただきました。次回に向けて、会場選定からやり直していきたいと思います。

そして、マイクロソフト社さんは「Windowsタブレット 教育アプリ検索」サイトを持っておられますが、少々不具合もございましたので、こちらはMVPとしてフィードバックを提供いたしました。
将来的には、、アプリの不具合を報告したり、作ってほしいアプリの希望を伝えたり、そんなイベントにしたいと思っております。

最後にもう一度、ご参加いただいた方々、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。
できれば今年度中にもう一度…とはおもっております。
また、FBやtwitter、commpassサイトやSENSEI PORTALなどでアナウンスさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。