初めての院ゼミは、「コンピュータを使わないプログラミングって?」

  

4月最初の土曜日は、さっそく第1回の大学院ゼミ。
最初ということもあり、自己紹介、学内の案内、PCを学内ネットワークにつなげるための設定などもろもろのガイダンス、オリエンテーションを行いました。

そして、弊ゼミ関係者の修士論文3本を読みあい、ゴールを確認した後は、研究計画に関する相談もろもろ。もちろん、二人とも大学院入試で研究計画書を提出し、当方も拝見していますが、改めて話していただきました。

その後は、最近研究室にやってきた「PETS」と、「プログラミングロボ コード・A・ピラー」の体験。もちろん説明書なしで^^)

うまくいったりいかなかったり、二人で相談しながらひとしきり遊んだあとは、何も言わずとも、「こうやったら授業で使えるんちゃう?」となるのがさすが教育学研究科の院生。
二人とも昼間は教育の現場にいますので、それぞれ担当の子どもたちを描きながら、情報交換していました。ぜひ次回は改造版を持ってきてくださいね^^

さて、遠隔でも、内容によってはゼミはもちろんできますし、お互い社会人ですからそうすべき時はそうします。しかし、今回はせっかく貴重な土曜日に会ったので、会わないとできないことをしてみました。

当方も含めて、3人とも大阪在住ですので、次回以降は大阪市内のコワーキングスペースなども大学院ゼミのスペースとして考えています。日時と場所が決まったら、FacebookやtwitterなどのSNSで流しますので、皆様よろしければご参加くださいませ!