タブレット端末で、図形と顔探し(^◇^)

小学校でデジタルカメラが普及してから、時々みかける実践ですが、校内で「図形」や「顔」(にみえるもの)を探す活動中です。

図形のお題は、「円」「正方形」「長方形」「平行四辺形」「台形」

「長方形」も視点を変えれば「平行四辺形」に見えたり、「台形」になったり…

おなじく、顔もパーツの並びによっては、「顔」に見えますよね?

 ここから算数の授業へも、図工の授業へも、もちろん「総合的な学習の時間」へも、繋げることができますね。あ、プログラミング的思考にもつなぐことができそうです!
(と、こっそりブログに書いておきます。)

グループで協力したり、共有したり、そんな姿も見ることができます^^

初年度からこの「図形と顔探し活動」も3年目。学内でも認知されてきた(?)ようです^^

 学生がタブレットをもってうろうろし、何かと撮影しているのを、学内の、とある先生が「何してるんやろね~」
と、3回生のゼミ生に話しかけたところ、
「あー、あれは、西端先生の教育方法・技術論で、タブレットで図形取ってるんやと思います~」
と、答えてくれたと、とある先生がお話ししてくださいました。

こうして「Surfaceのある大学生活」が引き継がれ、日常になるのはうれしいものですね。
昨年のブログリンクはこちらです!

参照リンク:図形と「顔」探し