Surface Hubを触りに130里~電子黒板として、そしてコラボレーションデバイスとして~

「コラボレーションデバイス」として位置付けられているMicrosoft Surface Hub。日本発売当初より弊学への導入を希望し、何度となく、いろいろな場所で触らせていただいているのですが、6月末まで品川の日本マイクロソフト社の2階で展示されていると伺い、お邪魔してきました!

Surface Hubのほか、Surface Book, Surface Laptop, Surface Studioも展示されていました。詳細は下記公式サイトをご覧ください。

参照リンク:Surface Pro をご紹介します。

さて、Surface Hub、今回はWhiteboardアプリを中心に、デモしていただきました。
右の写真のようにラフな線をサクサク…とひくと、なんということでしょう。自動的に「表」になりました!

また、その表の枠線も手でスライドさせたり(写真下左)、文字を書きこむと自動的に枠が広がったり(写真下右)します!

 

この機能は、適当に「〇」を書くと自動的に「円」にしてくれたり、同じく、適当に「△」を書くと自動的に「三角形」にしてくれます。また、三角形の場合は、角度を示してくれるので、直角三角形、正三角形なども、タッチして角を変えながら、自分で確かめることができます。

従前は、先生が大きなコンパスや三角定規で書いていたものが、あっというまに右手一つで書けるようになりました。もちろん、こうしたツールで書くことのできるスキルも必要ですし、簡便に書いて、浮いた時間を中身そのものに割く、という考え方も重要かと思います。

今回、対面の授業での「電子黒板」としての役割のほか、遠隔授業を想定した「コラボレーション」機能についてもデモしていただきました。

目の前のSurface Hubに書き込んでいるのは、遠隔地にいることを想定したSurfaceです。弊学の大学院は、Skype for Businessを使って、ほぼeラーニングで行っています。

現状で、教室の様子やスライド資料を配信し、遠隔地にいる大学院生からはチャットや音声などによって参加する、という形を取っていますが、議論やグループワークなどはしにくい状況にあります。

この機能を使えば、一つのテーマについて、教室にいる大学院生も、遠隔地にいる大学院生も一緒に作業しながら、議論やグループワークができるのではないかと、今、授業に使いたい欲がふつふつと湧いています☆彡

さて、小学校などを想定した場合に、Surface Hubがどのように使えるかについては、製品へのフィードバックということで、ご担当いただいた方に「こういう機能があれば便利です」と、いろいろリクエストさせていただきました。具体的な内容についてはここでは差し控えさせていただきますが、ぜひ、より使いやすいSurface Hubとそのアプリケーションを楽しみにしています!