グリコのお菓子で、美味しく学ぼうプログラミング~グリコードを200人で体験~

  

本日の「教育方法・技術論」(2年生配当)はプログラミング。
前回の授業で、「小麦や卵にアレルギーのある人は申し出てください」と言っていたので、学生も「あれ?なんか、違う??」と思っていたのではないでしょうか。

いつも通り、早めに教室に到着し、教卓にポッキーやビスコの箱を大量に並べたとたん、学生からは笑顔がこぼれます^^

総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」で採択された、(株)江崎グリコさんお菓子で学習できる無料アプリのプログラミング教材「GLICODE(R)」です。

昨年夏のリリース以来、当方もいろいろなイベントやゼミ、少人数の授業でやってきました。昨年11月11日のポッキー&プリッツの日に、大阪道頓堀のグリコサインの見えるところで、シアトル→成田→羽田経由で、グリコードをするイベントに参加したのはもう半年以上前なのですね~。
参照リンク:ポッキーの日に、ポッキーを使って、プログラミング∥

また、この時のイベントで話し合ったことなどをリライトし、ネットメディアに掲載していただきました。
参照リンク:“ポッキー”でLOOPやIF関数を学ぶ、「GLICODE」の授業展開

今回は、授業の一環として、5人×20グループ×2クラス、合計200人規模で行いました。アレルギー面、衛生面についてはもちろん説明し、「強制参加」のないようにしました。

また、キッチンペーパー、ウェットティッシュなども用意し、また、手を洗いたい人はいつでも洗いに行ってよいことも宣言しました。

さて、グリコード、現在はiOS版とAndroid版しかリリースされていないので、せっかくのSurfaceは使えなかったのですが、学生のこの表情^^
真剣な目をして取り組んでいました!

…とはいえ、楽しむだけでは、教育方法の授業にはならないので、

  1. アレルギー、衛生面以外で学校教育で利用する上での問題点
  2. 何年生のなんの教科で使えるか?
  3. 就学前の子どもも学べるか?(幼稚園免許取得予定の学生も多いので)
  4. 家庭で学ぶ時に気を付けることはなにか?
  5. このアプリで身につく力は何か?

について、体験後に議論しました。

今の2年生がそのまま大学を卒業し、教員採用試験に合格したとするならば、教壇に立つのは2020年。ちょうど、プログラミング教育が小学校で導入される時期です。そのころにどのようなプログラミング環境があり、実際の学校でどのようなことができるのか、これだけ進歩の速い分野でなかなか予想がつきにくいところではあります。しかし、大学時代で学んだこと、考えたこと、話し合ったことを思い出し、その時の状況に合わせて、授業を組み立てられる、そんな教師になってほしいと思っています。

なお、今回必要なポッキー、ビスコなどのお菓子類、キッチンペーパーやウェットティッシュなどの消耗品は、授業の一環として、大学の経費から支弁いたしました。

グリコードそのものについても、例えばWindows版をリリースしてほしい、等の要望はあるのですが、これはまたなんらかの機会にお伝えすることができれば…と考えています。