奈良養護学校との6年が本になりました。『誰でも使える教材ボックス』発刊!

6年前の夏、畿央大学の公開講座で「電子黒板講習」をしていました。デジタル教科書を触ってもらったり、書き込みしてもらったり…

そんな中、ある先生に終わってから質問いただきました。
「肢体不自由の子どもたち用のデジタル教材ありませんか?」

ソーシャルスキルトレーニング教材や知的障害の子どもたち用のデジタル教材は当時もあったのですが、肢体不自由の子どもたち用のデジタル教材を私は見つけることができませんでした。

「なさそうなので作りましょう!」

そこから奈良養護学校との手探りの教材開発が始まりました。高校「情報」免許取得予定者の学生(当時まだ2年生)に、まずは簡単なコンテンツをFlashで作ってもらい提供したのがその半年後。

犬、サル、馬、ネズミ、パトカー、踏切、ヘリコプターなど、子どもたちが興味を持ちそうそうなものを対象に、2枚の絵と、鳴き声や音を用意し、クリックするごとに入れ替わる、という非常に単純なデジタル教材でした。もちろん、絵も鳴き声も学生の「自画自賛」です!

その後、学生も代替わりし、ドラッグを利用したデジタル教材もできるようになりました。担任の先生、自立活動の先生と話し合いながら、教材を使っている子どもたちの様子をみながら、「こうしましょう」「こんなことできる?」「やってみます!」そんな毎週でした。

文部科学省の補助金もいただき、また、特別支援教育に関わる方々からアドバイスいただきながら、これらの教材をネットワーク状で共有できるようになりました。

それが、TMSN(教材共有ネットワーク)です。プロジェクトの途中で、いろいろありましたが、少しずつ、少しずつ、がんばっています。ご存知の通り、そろそろFlashも終焉を迎えますので、どうしたものか…と考えているのも正直なところです。ご支援いただける方、お声かけいただければ幸いです。

その中で、今回の本の発刊は、一つのマイルストーンになるでしょうか。また、亡き太田先生との約束の1つでもありましたので、本当にほっとしています。もし、お手元にとっていただけるのであれば、こちら(amazon)よりお願いいたします。

さて、そろそろ次を考えないといけない時期にもなって参りました。日々インプットを続けながら、少しでも子どもたちのために、頑張る所存です。