「藤子不二雄」さんをめぐる富山女子旅1泊2日

  

いつもお世話になっている方々との女子富山旅。
仕事も居住地も違うのですが、興味・関心が一緒なので、まぁ、喋ること、食べること、飲むこと、笑うこと、撮ること、海できゃいきゃい言うこと…

また、ちょうど高岡と氷見を訪れたので、「藤子 不二雄」さんをめぐる旅ともなりました。
写真のようにキャラクタが町中に溢れていて、「あれ知ってるー」「え?あれ何?何?」と、童心に戻った2日間でした。

写真を撮っていたら、商店街の開店準備をしていた地元の方がわざわざ道をわたってきてくださり、昔の安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)のお話をしてくださったり、全員での記念写真を撮ってくださったりと、温かい心にふれることもできました。

 

夜は、同じく童心に戻り、ポッキーをつかって「GLICODE(R)」を楽しんだり、いろいろお話をしたりと女子旅満喫です^^ (コイバナがあまり出なかったのは残念w

いろいろご案内いただいたSTさん、ご一緒してくださったMMさん、MRさん、ありがとうございました。大人になると、なかなかこうして「純粋にみんなで遊ぶ」ことが難しくなる中、だいぶん時間が巻き戻って、学生時代の旅行のような気分でした☆彡 (リッチにはなりましたが^^

 

さて、こういう1泊2日を送ってはいたのですが、7月末締め切りの大型申請案件を急きょ受けていて、宿の布団の上で、「うわー、印鑑持ってない!!」「え?100均?」「私の苗字あるかな~~」とバタバタし始め、挙句の果てに、大阪にいるTさんを頼ったのも、今(9月7日)となってはいい思い出です…。

本当に、せっかくのご旅行中にお騒がせしました&お手数おかけしました。
大人になってからの大切な友人たちと自然体でいられる貴重な2日間でした☆彡
技術ブログとは違って、研究者としてのログですので、こうしたこともたまには残しておきたいと思います。