教員免許更新講習にて、さまざまなプログラミング環境を体験!~glicode,Ozobot,PETS,Scratch,コード・A・ピラー~

 

今年も弊学で「教員免許更新講習」を担当させていただきました。教員免許更新講習は「その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指す」(文部科学省サイト)ために、平成21年から行われてきました。

今まで電子黒板体験、タブレット体験と行ってきましたが、今年は「プログラミング体験」!
もちろん、「プログラミングは初めて」という先生が多くいらっしゃり、当方としても腕の見せ所です。

また、プログラミングに関する書籍もかなり多く出版されていますので、展示会のような形で皆様に「チラ見」していただきました。書名やISDNコードなどをメモされている先生も多くいらっしゃいました。

最初に、「GLICODE」 「Ozobot」 「PETS」 「コード・A・ピラー」など、「コンピュータを使わないプログラミング」を体験いただきました。最初は「え~、プログラミング………」という顔をされていた先生方も、「楽しい!」「これなら低学年もできそう」という声がちらほら。

   

先生方もグループで体験していくうちに打ち解けあって、「でもこれ、どの教科でする?」「算数?」「どの単元?」という話し合いも聞こえてきます。

その後、NHK for Schoolで「Why?プログラミング」を視聴したのち、「Scratch」で同じように作品作りをしました。

次期の学習指導要領から必修になることは知っていた先生方。最初は不安が大きかったようですが、終わるごろには「なんとかできそうな気がしてきました☆彡」「これ、どこで売っていますか?」などの声も聞けるようになり、当方としてもほっと一息。

今後、各地の自治体や大学、コミュニティなどで、さまざまな研修、講習、イベントなどが行われると思います。最初はこうした「プログラミング体験」も必要ですし、次のステップとしては「単元案」「指導案」の作成でしょう。完全実施になるころには先行事例も集まっているでしょうし、当方たちも具体的な指導法や評価案なども提案していきたいと考えています。

今夏、まだまだ当方もこれらの本とツールをパッケージにして、あちこちでお話しや研修、イベントをさせていただきます!日程の空いている限りはお応えいたしますので、どうぞお声かけくださいませ!(ただし、荷物が多いので、自家用車OKのところでお願いします…)

 

追伸:ブログの日程が結構空いていますが、8月上旬~中旬まで体調を崩し、「特別休暇」をいただいていた次第です。業務を代行・支援してくださった皆様、スケジュールをキャンセルしご迷惑をおかけした皆様、ご心配くださった友人の方々、改めてお詫びいたします。