子どもたちの発想、アイディア、創造性を発揮させるプログラミング教育~Ozobotで親子プログラミングイベント~

「ITな女子会」などで大変お世話になっている、ハルカス大学さん「あべの天王寺サマーキャンパス」で、親子プログラミング体験を担当しました!

「あべの天王寺サマーキャンパス」は、大阪商工会議所主催で、あべの・天王寺エリアを一つのキャンパスに見立てて、親子で楽しめるイベントです。体験プログラムだけで80、そのほかステージやスタンプラリー抽選会などもあります。

今回は体験プログラムの1つ「Ozobotでプログラミング」を担当しました。一日に3回させていただきましたが、下は年少さんから上は小学校高学年のお子様とその保護者の方に来ていただきました!

 

前回の「ITな女子会」で行ったワークも用意していたのですが、やりおえた子どもたちは、自分たちで新たなワークを作って楽しんでいました。

左は、「怪獣をやっつける」ワーク。Ozobotの行先によって、怪獣へのダメージ具合が異なります。時間があれば、交差点の曲がり方を指定するコードを付加できたのですが、残念ながら時間切れとなりました。

右は、線をひく代わりに、左右への「ジャンプ」(隣のラインに移動する)シールをはる「あみだくじ」

いずれもお子さんが自由にのびのびと考えて作っていました。理解するためのワーク(練習問題)のようなものももちろん必要ですが、Ozobotがどうすれば動くのかを理解した後の、こうした自由課題にこそ、子どもたちの発想、アイディア、創造性が発揮されますね☆彡

こうした創造性をどのように伸ばすか、そして、できた作品を学校、家庭、社会(含む任意団体、塾など)などで共有する仕組みが、プログラミング教育の鍵になるのかもしれません。

参照リンク:第2回「ITな女子会」は、親子でプログラミング☆彡 Scratch & Ozobot
参照リンク:Ozobot