第4回「Windowsアプリ×教育」イベントを開催しました

     

第4回になりました「Windowsアプリ×教育」イベント。冬休みに入った直後、12月23日(土)の午後、大阪教育大学天王寺キャンパスにて開催させていただきました。今回も30人近くの方にご参加いただき、ありがとうございました。なお、右の写真は、ロゴをいれて作った、オリジナルのブラックサンダー(チョコレート)です^^


最初は、山口あゆみさん((株)ニコニコム)から「日常にできるセキュリティ教育」のお話し。パスワードの話、ご家庭でのゲームの話などなど、固くなりがち、もしくは「ダメダメ」になりがちな内容を、「あー、あるある」「せやねん!!!」というみなさんのうなずきを引き出すお話でした。また、スライドの素敵なイラストも「わかりやすい」一つの要因だったと思います。


テーマトーク2本目は、新谷剛史さん(セカンドファクトリー株式会社)から「使えているけどよくわからない、Windowsとタブレットについて」というお話。いや、恥ずかしながら、Windowsはかなりはやくから使っているものの……。また、事前に参加者の皆様方から質問を募集し、当日お答えいただくという方法は、イベントの前から「参加型のイベント」になっていて、盛り上がりました。当日は30分枠で、実際お話しいただいたのは何枚ぐらいでしょうか…。150枚ちかく資料はご用意いただいていて、どんな質問が当日飛んできてもよいようにされておられる、とのことでした。そして、実際、休憩時間に質問があり、Surfaceで資料をお見せしながらご回答いただきました。ぜひ、次回、続きをお願いします!

 

今日の実習は尾崎先生(大阪教育大学)による「Chibi:bit」(Micro:bitの互換ボード)。一人1セットずつ配り、グループで取り組みました。やっぱり「物」があると盛り上がりますよねー。最初は資料に従って、順序良く…だったのですが、途中からやはりやりたい人はどんどん進み……。とはいえ、グループで教えあいも始まり、さながら小学校での授業風景のようでした。事後のアンケートでも「もっとやりたかった」という声もあり、こちらも次回もう一度できたらなぁ…と思っています!

恒例、グループでの「Windowsアプリ」の検索と発表が終わった後は、田中紀行さん(畿央大学大学院)によるLT「重度重複障がいを対象としたAAC やICTを使ったアプローチについて」。修士論文のために取り組んでいる研究の一部をご紹介いただきました。発表は初めてとのことでしたが、なかなか落ち着いてお話しされていたと思います(by 指導教員&ごめん、内容に集中して、写真撮れなかった…orz)。


最後は、クリスマスプレゼントとして、ノベルティグッズをもってきてくださった森口理恵さん(日本マイクロソフト株式会社)から、コミュニティに関するお話しがありました。

このイベントを行っているコミュニティも、そもそもSurfaceのMVPとしての活動している間にお声かけいただき、約1年たちました。皆様のご協力とご支援で、コミュニティとして成長してきました。

今回でこのイベントも運営的に一区切りとなります。次回からは内容も方法も少し変えて、やっていこうとと各所相談中です。今後の方向性についても是非、リクエストなどお寄せいただければ幸いです。

なお、過去のイベントの様子は下記リンクをご覧ください。
「第1回「Windowsアプリ×教育」を開催しました!」
「第2回「Windowsアプリ×教育」を開催しました!」
「第3回「Windowsアプリ×教育」を開催しました!」